『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【十三支演義~偃月三国伝~1・2】感想・2『曹操』



Vita【十三支演義 偃月三国伝1・2

f:id:syumiroom1:20180207153846p:plain

 

曹操ーソウソウー(CV:鳥海浩輔)

 

大本命ストーカー気質の曹操。

2の方も病み具合アップで楽しめました♡

 

 

  

PR

 

 

 

 

今回も唯一の同胞という点から執着が始まります。

 

主人公が曹操軍から逃げる際に、

「人間と猫族の混血」であることを曹操が知り

捕らえてすぐ『我が妻にする』と言い出し

 

抵抗していた主人公でしたが、

猫族を、曹操が全滅させたと聞き

 

復讐のために曹操の側にいることを決意、

婚儀が執り行なわれます。

 

でも、曹操には隙がなく

主人公は、初夜の時であれば隙ができるかもと

 

曹操の元へ向かいますが、軽く阻止されてしまい

言いなりになるくらいなら………と死を選ぼうとします。

 

全力で拒否された曹操は、

そんなに嫌なら、

側にも寄らず、話しかけもしないから

 

屋敷に留まってさえいれば、

あとは好きにしていい…と主人公に言い曹操はそれを守ります。

 

そうこうしてるうちに

曹操の妻であることで、トラブルに巻き込まれた主人公を

曹操は身を呈して守り、

 

それを受けて主人公は曹操との接点を持つようになり

二人の関係に徐々に変化が見えて… 

といった感じで物語は進んでいくのですが

 

やっぱり曹操いい♡
 

この一言に尽きます←

 

何だろう、

狂気に満ち満ちてて、病みすぎな部分は多々あるのに

それを上回る魅力が彼にはあります(= ̄ ρ ̄=) 

 

曹操を止めるために、

主人公が出した犠牲に対する対処も

カッコよすぎ!

 

どう纏めるのかと思ってましたが

納得のラストでしたd( ̄  ̄)

 

桃園も含め曹操の魅力が見えて良かった〜♡

そう思えた曹操ルートでした。

 

 

 

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

 

 

 

感想はこちら

 

 

 

 

攻略はこちら