『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【十三支演義~偃月三国伝~1・2】感想・1『趙雲』



Vita【十三支演義 偃月三国伝1・2

f:id:syumiroom1:20180207153746p:plain

 

趙雲ーチョウウンー(CV:鈴村健一)

 

世間の常識に捕らわれず自分の直感・信念に素直に生きる武将。

性格はとてもおおらかでなんでも受け入れる

度量の大きさを持っている。

 

真面目でしっかりしており頼り甲斐もあるが

おおらかすぎる故の天然な一面も持ち合わせている。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

幽州の太守、公孫賛に仕えている武将。

思ったことを、まっすぐそのまま口にする

おおらかで頼り甲斐のある趙雲。

 

曹操に巻き込まれた、戦いのなかで知り合い

猫族が村を焼き払われ

幽州に身を置くことになったことで

さらに接点を増やしていきます。

 

兄のような立場で、

常に「普通の女の子のような幸せを」と

主人公に言い続け、守り、力になってくれようとする趙雲に

徐々に惹かれていくのですが

 

ある「人探し」をきっかけに、

2人に大きな溝ができてしまい…といった感じで

お話は進んでいきます。

 

どのルートでも、頼りになる兄貴分的な存在ではあるのですが

ルートに入ると天然ならではの

「恥ずかしいセリフ」を垂れ流すこともしばしば。

 

そんな趙雲は、

武将らしく忠義にあつく、自分の心よりも主人の命令、

部下としての自分の立場を重んじます。

 

それゆえの葛藤やすれ違いが

やっぱり私には萌えポイントでした。

 

そして更に、おおらかな大人キャラのはずの趙雲が

みんなに慕われる主人公に、やきもきする姿は素敵です。

 

「かわいいヤキモチ」というよりは

ちょっと強引な感じが、更に良い感じだった趙雲ルートでした。

 

 

 

 

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

 

 

 

 

 攻略はこちら