『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【蝶の毒 華の鎖 リパッケージ版】感想:どこまでも下僕体質の使用人頭「藤田均」



PC【蝶の毒 華の鎖 リパッケージ版

f:id:syumiroom1:20190130163426j:plain

い。チョコレートを溶かしたものです」

 

藤田均(CV:チアノーゼ三太夫)

 

野宮家執事。37歳。 イギリス人の血が入っている。

ヒロインが幼い頃から野宮家に仕えて来た。 性格は実直だが、

無表情であまり感情を露にしない。

 

 

 

 

 

 

蝶の毒 華の鎖

 

落ちぶれていく野宮家に仕える執事である藤田。

両親の他界によって

さらなる貧困に窮しながらも、あてにならない兄に代わって

主人公を支える藤田。

 

そんな彼にひかれていく主人公ですが

規律を重んじて、自分の立場を崩さない彼は彼女を拒みます。

 

そんな藤田に、高圧的になる主人公は

藤田の過去の女性関係を知ります。

 

そこから彼の本質を知ることになるのですが

このルートに言えることは

 

18禁ありきでこその藤田

 

 ということでしょうか。

いやぁ、彼の性癖には感服します。

 

特にBAD。

どこまでも、どこまでも虐げられる立場と

虐げる立場が際立ったように思いました。

 

藤田の「犬」加減見事です。

 

 

蝶の毒 華の鎖 幻想夜話

 

FDは、2人が付き合うことになり

結婚を報告するあたりのことと

BADの虐げルートの続きが描かれています。

 

結婚報告のほうは、兄の嫌がらせからの藤田の逆襲で

大人「藤田」の攻撃的な部分が描かれていて

 

あんな一面もあるのかと

驚きとともにとても新鮮でした。

 

そこからの、BAD後の詳細ルートにはいると

彼の下僕っぷりがより際立ちます。

 

本編でも大概「犬体質」だったのに、そのハードルを軽く超えてきたことには

超毒スゲーなと思わざるを得ませんでした。

 

FD藤田、思いのほか楽しめました。

 

 

攻略一覧