『徒然綴り』

趣味 エトセトラ

【蝶の毒 華の鎖 リパッケージ版】総評:大人の大正浪漫を満喫できる1本

PC【蝶の毒 華の鎖 リパッケージ版

光と闇が交差する大正時代のラブストーリー

急速な近代化の中で、混沌に染まった大正時代。

没落しかかった華族に生まれたヒロイン・野宮百合子と彼女を愛した5人の青年達の物語――。

 

 

リパッケージ版は、本編とファンディスクが一本にまとめられたものです。

 

 

 

 

 

攻略対象

  

 

以上、5名。

本編には上記5名に加え天海鏡子(感想は真島の記事にあり)ルートがあります。

攻略制限は本編のみ。「真島」に制限あり。

 

 

システム・スチル

 

特に不便は感じません。

スチルは綺麗。激しい描写がとてもいいタイミングで表示されます。

 

 

ストーリー

 

それぞれの対象キャラとの身分違いの恋、政略結婚、禁断の恋…諸々が

甘いだけではない要素を、ふんだんに詰めこんでドラマチックに構成されています。

 

ご都合主義の部分は無きにしも非ずですが、主人公の言動がそれなりにしっかりしていること、気持ちの変化が丁寧に描かれていることで違和感なく物語を堪能できます。

 

 

最後に

 

PC版最高。

 

私はPSPから入って年齢制限のかかった内容でも十分に楽しめたのですが、

ずっと「真島や藤田はPC版。18禁シーンがあってこそ」の評判が気になってはいました。

そして今回PC版をやってみて、上記感想に至ります。

 

18禁シーンがきっちりと組み込まれることで、恋愛がよりリアルになって

大正浪漫の世界観の生々しさや、ドロドロ感、ハラハラ感も割増しになりました。

暗転されたりカットされたりしているところが見えると

やっぱり違いますね。

 

ただ、18禁シーンの描写(音も含めて)もリアルになるので

そこが苦手な方は、リパッケージ版は効果音のオンオフ切り替えができるので調整してみるといいかもしれません。

 

本編とFDが1本になったこのゲーム

 

  • 大人の大正浪漫を楽しみたいという方
  • ストーリーありきでゲームを楽しみたい方
  • BADENDに秀逸さを求める方

 

そんな方は是非。おすすめです。

存分に甘くも物悲しい恋愛を堪能してください。

 

 

 

攻略一覧