『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 鏡花録】感想:武士の道を登り続けた鬼「土方歳三」



Vita【薄桜鬼 鏡花録

f:id:syumiroom1:20180214111332j:plain
 

土方 歳三(CV:三木眞一郎)

 

新選組副長。

隊をまとめるために憎まれ役を買って出ている。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

どこまでも新選組のことを考えて

最後まで戦い抜いた土方さん。

 

生き方がストイックすぎて

切なくなります。

 

基本的に、土方さんのルートに出てくる人に

悪い人はいなくて

みんな『誰かの為』や『自分の誇りの為』に動いています。

 

それがかみ合わなくて、敵対することがあったり、

その誰かの為に命を落としたり…

 

残された方は、

自責の念に苛まれつつも、前を向こうと努力していたり…

 

誰もが頑張っているので

意にそぐわない経過をたどってるのを見ると

切なくなります。

 

しかも、土方さんのENDは刹那的な要素が

詰まってるから、もどかしいというかなんというか

消化しきれない気持ちがどうしても残ってしまいます。

(土方さん頑張ってるのに!といった感じで…)

 

輝いてるけど刹那的

幸せだけど切ない…

 

そんな土方さんでした。

 

 

 

薄桜鬼 鏡花録 - PS Vita

薄桜鬼 鏡花録 - PS Vita