『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・全てを背負い武士の道を走り続けた「土方 歳三」と背中を追い続けた「雪村」ルート



【発売日一覧】

Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105430j:plain


 

土方 歳三(CV:三木眞一郎)

 

厳しい態度で、隊を取りまとめながら

近藤さんを盛り立てる新選組副長。

 

「鬼の副長」と言われる彼との物語は

「追いかけて追いかけて尽くす恋」でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

江戸から京へ着いた、その日に出会った土方さんと主人公。

新選組の秘密を目にしたことで

自分の身の振り方を審議される流れで、

土方さんの、小姓をすることになります。

 

そこで、土方さんを側で見るようになった主人公は

常に隊のために働き続け、

頭の回転がよく、機転がきくだけに全てを請負がちな所のある

土方さんに傾倒していくわけなのですが

 

土方さんの寛容さ、強さ、頭の良さ、優しさは

他のルートでも、見え隠れする部分ではありますが

 

本ルートに入ると、そこに

土方さんの「人間らしい弱さ」が見えてきます。

 

彼が、どれだけ近藤さんを、総司を、新選組を大切に思っていたか

求めていたものをなくした時、迷いが生じた時

何を思っているのか…

 

そういったものを、主人公目線で見ることになるのですが

どこまでも頼られてしまう土方さんを

 

本当に、どうしようもないくらいに

強がりで、意地っ張りな土方さんを

支えたくなる主人公の気持ちが、ヒシヒシと伝わってきます。

 

ラストに向けての展開も

彼らしい「意地」と「信念」を通した展開ですし

彼のルートがやっぱり「薄桜鬼」です。

 

自分を律しながら、がむしゃらに

坂を登り続けていくストイックさにも…

 

ふと見せる弱さにも…

相変わらずの萌がありました♡

 

 

  

PR

 

 

 

 

そして、ラストは「雪村」ルート。

選択肢等は一切無く

 

無印では風間と追いかけていた道のりを

鬼の一族と共に辿っていく形になっています。

 

新選組の背中を追いかけて、追いかけて

それでも手が届かないもどかしさ

 

歴史の波にのみ込まれながらも

あがいた姿等々が心にきます。

 

ただ、これに関してはやっぱり

後半だけの表現では短すぎるかな〜と感じました。

 

「出会いから別れまでを一気にやってこそのルート」

そんな印象を受けた内容でした。

 

 

 

薄桜鬼 真改 華ノ章 - PS Vita

薄桜鬼 真改 華ノ章 - PS Vita

 

 

 

 

 攻略はこちら