『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【花咲くまにまに】感想:「倉間楓」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


PSP【花咲くまにまに

 

tw_kurama.png

 

倉間楓(CV:浪川大輔)

 

万珠屋に出入りしている馴染みの商人。

珍しい着物や髪飾りだけではなく、噂話や異国の話も仕入れてくる腕利き。

 

誰にでも愛想が良く、常に笑顔を絶やさない。

飄々としていてつかみどころがなく、自分自身のことは一切話さないため、

私生活は謎につつまれている。

 

※以下ネタバレあり

  

 

 

 

 

感想

 

彼以外の攻略キャラを1人攻略すれば解放される倉間。

攻略できる頃には彼の正体はわかってる状態です。

ということで以降ネタバレ含みます★

 

 

 

倉間は仮の姿で主人公を江戸に連れてきた鳥(?)で

夏祭りの行われる神社の神使。

 

死の淵にあった主人公の母に頼まれて主人公を安全な場所(未来)に

送り届けて、成長を見守りつつ

両親に会いたいと願った主人公を江戸に戻したので

主人公に対しては最初から過保護です。

 

命を削って時空を飛ぶので

力を使うたびに弱っていくのですが

 

それでも、主人公やその周りの人たちを助けようと

情報屋と言う形で力添えをしている…

 

というベースの元、掘り下げられていく倉間ルートなんですが

唯一、ファンタジーな結末でも抵抗なくすんなりと繋がっていたように思います♪

 

設定が神使なので当然と言えば当然なのかもしれませんが

ラストは感動しました

 

しかも、実は主人公の母を慕っていたとか言い出すので

そのちょっとしたスパイスが効いているところが私好みで、一番はまったキャラ♡

 

ノーマルもバッドもこれでもかって程に悲しかった分

ハッピーエンドが心にしみた倉間ルートでした。