『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【花咲くまにまに】感想:「谷和助」



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


PSP【花咲くまにまに

 

tw_wasuke.png

 

谷 和助(CV:鈴村健一)

 

万珠屋の番頭であり、事実上、

見世みせを切り盛りする楼主の右腕的な存在。

 

遠慮がなくはっきり物事を言うため、初対面の人間には誤解されがちだが、

面倒見がよく頼りがいがあるため、見世の者からは慕われ信頼されている。

 

 

 

 

 

感想

 

和助も<長州><三味線>で誰だかわかります。

歴史上何をやって、どういう最後だったか…も。

 

HAPPYENDになり難い要素を含む和助との恋をどんな風に幸せにしていくんだろう?

と期待して攻略開始。

 

書の練習と称して後ろからかぶるように主人公の手をとって一緒に書く…とか

(これ、萌えるけど上手く書けるかどうかっていうと微妙・笑)

 

女慣れした和助の一挙手一投足に微糖要素は散りばめられていて

ヤキモチありドキドキありで二人が惹かれあっていく過程は

代表キャラだけあって王道。安定の良さがあります。

 

が!

 

残念だったのはHAPPYENDの展開。

想像通りすぎて萎えました ε-(´∀`; )

もう少し捻って欲しかったな〜と…

 

でも、ここで期待をなくしていた分

ノーマルとバッドの自然な展開に良さを感じられました。

 

特に、ノーマルは特に良かった!

切ないし悲しいんだけれども希望が詰まってるそんな感じ。

素敵でした(///ω///)

 

やっぱり男前ですよね、和助!