『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。




【ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚】感想:ズルい大人の本音が良かった「汀 紫鶴」

Vita【ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

f:id:syumiroom1:20170925223942j:plain

の一番大切なものを、思いつく限りの方法で愛でたいだけなんだよ

 

汀 紫鶴(CV:鈴木健一)

 *1

切ない恋愛もので人気を博している作家。

師の草稿を所持している疑いが晴れた後もフクロウのアパートで暮らしている。

紫鶴ルートでは主人公の恋人。

 

 

 

PR

 

 

 

 感想:繊細でズルい大人の本音

 

前作は、彼の放つ「綺麗な口説き文句」が

どこか上滑りしていたような印象と、

物語の展開の波が弱く、少々物足りなさを感じていたのですが

 

今回は、大人の寛容さとズルさ、

物書きらしい言葉のチョイスはそのままに

 

彼の言葉や態度に「本音」が

見え隠れしていて良かったと思います。

 

ただ、2人の恋愛模様以外は

ちょっと展開があっさり風味。

 

いろんな要素が少しづつ詰め込まれていて

どれもが、突き詰めた感がなかったというか…

 

日常、ありそうな展開ではあるのですが、

だからこそ物足りないというか…

その辺りが、少々残念といえば残念でした。

 

でも、飄々とした大人の男性の、

ふとしたヤキモチとか、甘やかしは

とてもとても良い感じで

 

そこをもっと深く、

大いにこじれさせて欲しかった…!

 

と、感じた紫鶴ルートでした。

 

 

 

 

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

 

 

 

 

攻略一覧はこちら

 

 

*1:HPより引用