『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。




【殺し屋とストロベリー】感想:無気力な闇医者「クラマ」

Vita【殺し屋とストロベリー

f:id:syumiroom1:20180823173241j:plain


クラマ(CV:野島健児) 

 

『喫茶 月影』の裏店舗で開業している闇医者。

闇医者といっても腕は超一流。

性格は偏屈で合理主義の変人。基本的に他人とは馴れ合わず、単独行動が多い。

趣味はミニチュア作り。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想:無愛想で不器用な大人

 

「喫茶 月影」の奥で闇医者をしている彼は

超インドア派で、ご飯は月影の店員が運んでいます。

 

その配膳役を承ることで、主人公とクラマは接点を持ち出すのですが

ちょっとした仕草で、主人公の特異体質に気づいた彼は

主人公に「実験させてほしい」と願い出ます。

 

もともと、実験施設で非人道的な扱いを受けていた主人公は

それを了承し、診療室に通うことになるのですが

物語はとてもゆっくりと、静かに展開されて行きます。

 

ラストまで大きな展開、激しい展開はありませんでしたし、

ところどころ、時間経過がわかりにくくて

「ん?」と思うところもありましたし、

立ち絵、スチル共にHPのキャラデザとは違いましたし、

全体的には、少々物足りなさを感じたクラマでしたが

 

それでも、無愛想で気の利いたことが言えない、できない彼が

だんだんと柔和な物言いと、態度に変化する様は

ちょっと可愛らしかったですし、声はとても良かったです♪

 

 

そして、このルート1番の驚きは

2つのENDで明かされた、ネタバレの片鱗のうち

彼女 ↓

 

f:id:syumiroom1:20180824102623p:plain

 

マツリの正体でしょうか。

あ〜そんな感じで来るのね!とルート本編より

個人的な食いつきは良かったかもしれません。

 

といってもまだまだ、クラマは序盤キャラっぽいので

全体的に散らされた布石が、どこまで回収されるのか期待です。

 

 

殺し屋とストロベリー 通常版 - PSVita

殺し屋とストロベリー 通常版 - PSVita

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略はこちら