『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。


【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・迷子になりがちな最年少幹部「藤堂 平助」

Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105433j:plain

 

 藤堂 平助(CV:吉野裕行)

 

左之さんと新八と仲の良い最年少幹部。

 

元気で明るく素直な彼との物語は

「一緒に頑張る関係」でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

年が近いせいもあって

1番最初に、気さくに対応してくれた平助君とは

 

自然と仲良くなっていく感じで

関係が始まっていきます。

 

若さゆえに、

自分の目標に迷いが生じやすかったり

投げやりになりやすかったりと

 

ぶれやすい彼を叱咤激励しつつ

物語は進んでいくのですが

 

このルートでは、鬼との絡みが多いにもかかわらず

彼の人柄のせいか

ギスギス感だけでなく、

和み要素が多々有ります( ´ ▽ ` )

 

 

  

PR

 

 

 

 

個人的に、彼には萌えどころはないのですが

一生懸命、走り抜けようとしている姿には

自然と、応援したくなる魅力があるなとつくづく思います。

 

そこに絡んでくる

大人キャラに萌えつつ

 

いろんな意味で駆け抜けて行く平助君と迎えるラストは

やっぱりちょっと切ないですが

 

薄桜鬼らしく、平助君らしい

展開だと思います。

 

 

 

薄桜鬼 真改 華ノ章 - PS Vita

薄桜鬼 真改 華ノ章 - PS Vita

 

 

 

 

 攻略はこちら