『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・大人の色香漂う「坂本 龍馬」



Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105447j:plain

 

 坂本 龍馬(CV:小野大輔)

 

大人の色香が、初っ端からダダモレの龍馬さん。

大人で、器が大きい彼との物語は

「終始甘まやかされモード」でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

父親探しの途中に出会った彼とは

新選組より、動向を探るように言われて交流を持つようになります。

 

初めから、冗談なのか本気なのかわからない態度で

主人公に言い寄ってくる中

だんだんと、仲は深まってくるわけなのですが…

 

なんと言いましょうか

左之さんとは違った糖度色香がありました。

 

もう、小野Dさんと泣きボクロで

だいたい予想はしてましたが

甘いです。

 

 

  

PR

 

 

 

 

正直見た目的に、好みではなかったのですが

「華」の中間あたりから

どこでもすり寄ってくる龍馬さんと

 

いい感じのツッコミを入れてくる不知火に

それはもう、夢中でした(笑)

 

やっぱ理、不知火はいい味出してます

元々大好きですが、更に大好きになりました♡

 

龍馬さん自身に、ギャップ萌え等のテイストはありませんでしたが

そのままのキャラで

大人の魅力と甘さがあるので

 

展開的には、自然と糖度が上がっていきますし

その甘さをツッパネながらも、絆されていく主人公の心の過程は

やっていて面白かったです。

 

そして、クライマックスから龍馬さんらしいと思える

ラストにかけての展開も

個人的には好ましかったなと( ^ω^ )

 

入りが期待していなかった分(←酷)

終了時のほっこり感、満足感が高めだった

 

龍馬さんルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

 攻略はこちら