『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・本心をオブラートで包みまくっている「山南 敬助」



Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105443j:plain

 

山南 敬助(CV:飛田展男)

 

文武両道で優しくて、

笑顔で、痛いところを突いてくるタイプの山南さん。

 

そんな彼とのお話は

「ひたすら信じ続ける恋愛」でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

怪我をして、刀を握れなくなってから

だんだんと言葉尻がキツくなり

嫌味が多くなり…と変わっていく山南さんですが

 

思い悩んだ末、羅刹になり

新選組の、その部分を大きくになうようになります。

 

ルートによって、彼は悪者になったりそうでなかったり…と

立ち位置は変わっていたのですが

 

どちらにしても

人に本心を読み取らせないところがあり

 

真改では、どこまで山南さんを掘り下げてくるのか

最後はどう纏めるのか…

と思い、攻略しはじめたのですが

 

風の章で「あれ?意外と好きかもこのキャラ」と感じて

華の章前半スチルで「キュン♡」とさせられました(笑)

 

 

  

PR

 

 

 

 

なんだろう?

今までも山南さんの、考え抜かれた行動は、

基本的に、捻くれたところで発揮されていたのですが

 

今回は、意外と可愛いところで、

それが発揮されていたり、

 

「そんなことするんだ〜♡」と

思わせられる場面があったりで

 

別の視点から、山南さんを見る事ができたと言いますか

面白かったです。

 

従来の設定上、切なさは残るのですが

それでも、綺麗にまとまっていたと思いました。

 

ただ、彼の場合は「共通から個別」で

じっくり一つのストーリーを体感したほうが

 

より山南さんを感じられたのでは?と思った

そんなルートではありました。

 

 

 

 

薄桜鬼 真改 華ノ章 - PS Vita

薄桜鬼 真改 華ノ章 - PS Vita

 

 

 

 

 攻略はこちら