『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【DIABOLIK LOVERS】総評:ストーリーよりもシュチュエーション重視



【発売日一覧】

PSP【DIABOLIK LOVERS

DIABOLIK LOVERS (通常版)

 

アヤトに始まり

ライト→シュウ→スバル→レイジ→カナトと

攻略したのですが

 

この順番は、プレイ前の印象からきた

好みの順番です。

 

第一印象の好み通り

アヤト、シュウ、スバルは乱暴ながらも、萌え場も多く

ドSっぷりもトキメキに変換できるキャラで

 

これに対応しうるだけの素質は、私持ってるんだ…と

新たな発見もあって、楽しめました。

 

それと同時に、ライトの「変態ドS」っぷりに

対応できる程のキャパはないと、自覚もしましたε-(´∀`; )

 

嫌いじゃないけど、好きでもないというか…

まだまだ、彼を良いと思えるだけの境地には

立てていないようです。

 

 

そして印象から、(いい意味で)期待を裏切られたのは

レイジとカナト。

 

レイジって、実はそうだったのね〜と

ラストの、どんでん返しにニマニマさせてもらったり

 

第一印象が、(私の中で)最下位だったカナトが

意外に、好みだったといったところや

キャラごとに、素質の変わる主人公も興味深かったです。

 

カナトルートの、エンド02の主人公の変わりようには

好しすぎて萌えました。

 

 

  

PR

 

 

 

 

ざっくり、ストーリー構成

 

吸愛度(好感度的なもの)のあがるストーリーが01〜06。

SM度の、どちらかがあがるLock,Unlockのストーリーが07〜10。

 

その、10シーンのくくりが

Dark、Maniac、Ecstasyと3つ。

 

→ENDは、それぞれに各3つありますが、

 「Lock」での変更のみで回収可です。

 (→詳細はオトメイトさんのHPで確認してみてください)

 

→SM度が上がる、ストーリーの最後には

 3つの「言葉の選択」があって、

 

 その正解率によって、「スペシャル」にある

 「ヘブンストーリー」が解放されます。

 

 

最後に

 

「ストーリーに萌える」というよりは

「シュチュエーションや声優に萌える」といった点は

初回の印象通りでしたが、

 

進めていくほどに、ストーリの希薄さも

最初の印象ほど、薄くもないかなと思えた作品でした。

 

 

 

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION - PS Vita

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION - PS Vita

 
DIABOLIK LOVERS (通常版)

DIABOLIK LOVERS (通常版)