『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【Cendrillon palikA】感想:好奇心旺盛な本好き「廻螺[エラ]」



【発売日一覧】

NSW【Cendrillion palikA

f:id:syumiroom1:20181105135402p:plain

 

廻螺[エラ]=アマルリック(CV:花江夏樹)

透京の住人。 大人しそうに見えるが、意外と人見知りしない性格で好奇心旺盛。

ただ、どこか儚げな瞬間がある。

本が好きで、主人公同様、外の世界に憧れている。

 

 

 

 

 

感想

 

攻略制限キャラ。

(以下、ネタバレ辛口評価です)

 

 

 

人懐っこく、好奇心旺盛な図書館で働く青年、エラ。

リンドウとナトラの幼馴染でもあります。

 

さて、彼は攻略制限がかかるキーパーソンなのですが

シエンルートを攻略した時点で、正体の目星がつきます。

 

目星がついている上に、本ルート冒頭の求人エピソードで

それが「確信」に変わり、

 

「あ〜やっぱり」と思いつつ、

それでも、「何かあるのかも!」と進めていたのですが

 

ラストにかけての盛り上がりも、

なんといいますか、露骨なネタバレ演出があったわりには、

それを上回るどんでん返しがあるわけでもなく

「どうなるんだろう♪(ワクワク)」の部分をざっくりと切り取られた感だけが残って

 

ただただ、エラを中心に「みんないい人」と思うに止まってしまって

最後まで「惰性」から抜け出せませんでした。

 

 

きっと良いところもあったハズなのです。

 

よくよく思い返してみれば、

エラはお役目のために、色々我慢して頑張ってるし、

無邪気な好奇心は可愛らしいと思いましたし、

幼馴染兄弟も、どこまでも協力的でいつになく良い人たちだったし、

 

なにより、エラの依存的思考も、個人的には嫌いではないというか

むしろ、存分に萌え要素を含んでいるものだったんです。

 

ただ、その部分を楽しめるまでに気持ちが盛り上がらなかった。

それに尽きます。

 

乙女ゲームに、本格的なサスペンス要素や、

巧妙な布石を求めているわけではないのですが、

 

制限までかかった、キーパーソンだっただけに

隠すなら隠す、隠す気がないなら隠さず、別の部分で魅せる…等々

何か、もっと表現方法があったのではないのかと

惜しい気がしています。

 

エラの依存思考、

もう少し、純粋に楽しみたかったなと感じたルートでした。

 

 

Cendrillion palikA - Switch

Cendrillion palikA - Switch

 

 

 

 

 

 

攻略表