『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【Cendrillon palikA】感想:大人の色香溢れる歪んだ番人「綸燈[リンドウ]」



【発売日一覧】

NSW【Cendrillion palikA

f:id:syumiroom1:20181105134802p:plain

 

綸燈[リンドウ]=ウェステリア(CV:興津和幸) 

透京の住人。時計塔の番人をしている。

物腰柔らかな、女性に優しい紳士。

常に穏やかな笑みをたたえている、どこか掴めない青年。

 

 

 

 

 

感想

 

攻略制限キャラ。

(以下、ネタバレを含みます)

 

 

物腰が柔らかくて、ちょっとズレたところのあるリンドウさんは、

「時計塔の番人」でもあります。

 

手っ取り早く主人公は協力をもうしでることで、交流を重ねていくのですが、

リンドウが協力を快諾したのは

呪いに深く関わっている人物との相談の上でのことでした。

 

そんな裏のあるリンドウは、主人公との仲を深めるにつれ、

自分の「歪み」をまるごと受け入れてくれそうな主人公が欲しくなっていきます。

 

徐々に、徐々に「歪み」に慣らしていくつもりだったリンドウですが

偶然にも一気に真実をしってしまった主人公は

あまりの衝撃に記憶喪失に…

 

そこから、彼の歪みの原因、立ち位置が明らかにされていく訳なのですが

思ったより平和な内容だったように思います。

 

他ルートで、「悪」の色が濃いかっただけに

もっと病んでるものなのかと勝手に思っていたのもあるのですが、

すんなりと進んで、すんなりと終了してしまった印象。

 

少年時代、周りに恵まれず

甘える場所さえなく、立ち続けなくてはいけない状況はとても不憫だと思うし、

 

それが歪みにつながって、

ガラスの呪いに依存してしまうのも理解できます。

 

ただ、ルート全体を通して平和な表現方法が際立っていたのもあって

「耐え切れない辛さ」とか「不快な歪み」みたいなものが

あんまり印象として残らなかったように思います。

 

興津さんのイケボを、ただただ満喫していたら

ハッピーエンドを迎えていて

甘えん坊なリンドウがそこにいた…みたいな。

 

「あっさり風味の歪み」 だったリンドウルートでした。

 

 

Cendrillion palikA - Switch

Cendrillion palikA - Switch

 

 

 

 

 

 

攻略表