『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【Cendrillon palikA】感想:優しくヘタレな逃亡者「紫鳶[シエン]」



【発売日一覧】

NSW【Cendrillion palikA

f:id:syumiroom1:20181105134343p:plain

 

紫鳶[シエン]=クリノクロア(CV:日野聡) 

透京の外の住人で、憂漣と同居している。

人当たりも良く、愛嬌のある笑顔で頼れるお兄さん。

少々自分勝手な憂漣に対して、常識人の青年。

 

 

 

 

 

感想

 

初期攻略キャラ。

 

出会った時から常識的で、優しくて、思いやりがあってと

存在がもう王子。

 

主人公は、「断られることはない!」と言わんばかりに

呪いを解く協力者として彼を選びますが、

反して、協力に対しては何故か消極的で、彼の影が見えてきます。

 

迷いつつではありますが、協力を取り付けることができてからも、

彼の謎は深まるばかりで…

と言った感じで進んでいく「シエン」ルート。

 

いろいろと布石が散りばめられたオープニングで、

「疑問と謎」を感じていたキャラだったこともあって

ウキウキで攻略を始めた第一印象は

「このルートの主人公はちょっとお馬鹿さん?」でした。

 

「素直」といえば聞こえはいいですが、

せっかくのアドバイスに対する、彼女の行動に「????」でした。

 

後半の「迷い苦しむ王子」を救い出そうとする行動は

とても良かっただけに

前半のお馬鹿さんっぷりは必要だったのか?と…。

 

後半の王子の展開がメインだったとしても、

もう少し丁寧に人物像を描いて欲しかったように思いました。

 

シエン自体は「王道キャラ」。

王道ならではの良さはありました。

ボソボソと呟く「ひとりごと」が可愛らしかったです。

 

ただ、日野さんヴォイスのキャラということもあって、

「癖があるんだろうな」という個人的なイメージも先行して

ストーリー展開への驚きは「それなり」だったかなと思います。

 

「シンデレラ」 ベースの展開も散りばめられている

メインキャラのはずなんですが、

 

私の期待が大きすぎたのか

惰性的な「予定調和」を感じてしまったルートでした。

 

 

 

 

Cendrillion palikA - Switch

Cendrillion palikA - Switch

 

 

 

 

 

 

攻略表