『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・強さを求めた寡黙な剣客「斉藤 一」



Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105453j:plain

 

斎藤 一(CV:鳥海浩輔)

 

新撰組三番組組長。

 

常に新撰組の為に動き私情を挟まず

必要なことだけを口にする彼とのお話は

 

「不器用な恋模様」でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

出会いから、客観的に主人公の立場を見極めて

必要な情報を、当たり障りない範囲で

教えてくれていた斉藤さん。

 

そんな斉藤さんに、いつの間にか

わからないことがあると後を追って

聞くようになっていた主人公。

 

そうやって、そばで見るうちに

寡黙で感情表現の乏しい斉藤さんの

細かな変化や、気持ちの機微に気づくようになって…

 

と進んでいく2人の関係。

 

焦れるほどにゆっくりゆっくりと

育まれる恋模様に萌えていたわけなのですが

 

 

  

PR

 

 

 

 

真改では

甘い要素が、所々に散りばめられることによって

斉藤さんの良いところや、可愛いところが見えやすくなって

より愛すべきキャラ度が上がってました♡

 

なんだろう

「顔を赤らめる、斉藤さん」の破壊力と言ったら…もぅ!!

自然と顔がニヤけます。

 

追加されているスチルもストーリーも、

斉藤さんの、人となりや過去がより表現されていて

個人的には良かったですし

 

静かな鳥さんvoiceもあいも変わらず素敵だった

斉藤さんルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

 攻略はこちら