『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【十三支演義~偃月三国伝~】総評:虐げられつつ愛される感じが楽しい



【発売日一覧】

PSP【十三支演義~偃月三国伝~】 

十三支演義~偃月三国伝~(通常版)

能ゆえに巻き込まれる少女の物語

 

時は後漢末。

乱世の奸雄曹操により、隠れ里から連れ出された『猫族』(まおぞく)。

人間の体に獣の耳を持つ彼らは、猫の姿の妖怪『金眼』(きんめ)の

子孫と言われ人間たちから忌み嫌われていた。

人間たちは猫が十二支から外れたという昔話から

十三番目の干支、『十三支』(じゅうざ)と呼び彼らを蔑んだ。

HPより引用

 

 

 

 

 

 

 

攻略キャラ 

 

 

以上、6名。

攻略順は、制限がちゃんとかかってるので

好みのキャラからで、いいような気がします。  

それが一番楽しめると思います。

 

 

システム・スチル

 

スキップ機能がもっさりです。

同じ内容でも、ルートが違うとスキップしなかったりするので

同じ事を読む羽目に…その点で面倒です。

 

スチルはキャラによっての差はありますが15〜19枚。

構図も差し込みのタイミングも個人的には好ましかったです。

 

 

感想

 

全体的に、攻略キャラの好き嫌いはあるにしろ

面白かったと思います。

 

ただ、共通ルート以外にも金太郎飴的なところがあり、

正直、キャラに萌えてない時は

寝落ちしてしまったところも多少ありました。

 

ルートに入ってからの金太郎飴は、早送りが出来ないので

もう強制スキップでガッツリ飛ばしていて

所々、行きすぎて巻き戻した事も数知れずです。

 

スキップ機能だけは不満です。

 

 

ただ、細かな点を除けば

萌え補給できた作品でした。

 

主に『曹操』!

 

趙雲や夏侯惇も好きですが2番目です。1番は不動です。

曹操万歳です。

 

あと、意外と萌えたのが「桃園システム」にある

『夏侯淵』『馬超』『袁紹』の特別ストーリー。

 

本編では散々だった夏侯淵が良かった~!

必殺技とか…意外性抜群で(笑)

 

ショートストーリー(ちゃんと読んで20分くらい?)ですが、

上手く纏まっていて良かったです♪

夏侯淵は、攻略対象に欲しいです。

 

そんなこのゲーム

 

  • 比較的、みんなに好かれる状況を楽しみたい方
  • 三国志に強すぎる想いのない方
  • タイミング合わせ等を頑張れる方
  • 戦う主人公が好みの方

 

そんな方は、楽しめる内容だと思います。

 

 

 

攻略はこちら