『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【十三支演義~偃月三国伝~】感想「劉備」



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


PSP【十三支演義~偃月三国伝~】 

20141205101603785.jpg

 

ネタばれありです。

 

劉備(CV:石田彰)

 

猫族の長。

村人達から崇められていて大事にされている。

見た目はまだ子供だが、中身は十五歳。

 

ただ、十五歳という年齢にあわない口調で話し、思考も幼い。

関羽には過保護すぎるくらい大切にされている。

 

 

 

 

 

純粋無垢で素直で優しい、ずっと子供のままの劉備。

いつも猫族や関羽に守られて大事にされている劉備と主人公とのルート

 

ネタバレなしには語れないので

それでもOKな方は先に進んで下さい☆

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

純粋無垢な劉備は、15歳でありながら「体も心も子供のまま」。

 

その理由は300年前に表れた、

金目の妖怪を倒した劉軍が受けた呪いのせいで

その呪いを押さえる為に劉備の成長は止まったままになっています。

 

ただ、先祖の代から受け継いだ呪いは

劉備が受け継ぐ頃には、成熟してきていて

封印が解けつつありました。

 

それと同じ頃、劉備の大好きな主人公が傷つけられ

劉備の中の封印が更に弱まり、

金目が中にいる事を呂布に気付かれ、主人公とともに捕まります。

 

そうして捕まると同時に

呂布に煽られ、主人公に恋することで生まれる

「負の感情」が膨張していき…

  

っと言った感じで進んでいくのですが

途中先が読めます。

 

オトメイトさん的には、ありがちストーリーでしたし

どう収まるのかな?と思いましたが

 

あ〜そうなのね〜

そうくるのね〜でも、それじゃ〜劉家は継続しないんじゃ?と

少々疑問も残りました。

(呪いが薄まって大人に戻るかもとは匂わせてはいましたが…)

 

 

んんんんんんん〜〜〜

劉備は可愛かったし、大人な劉備も良かったけど

終わり方が、少々消化不良だった劉備ルートでした。

 

 

 

攻略はこちら