『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・生粋の江戸っ子気質「永倉 新八」



Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105440j:plain

 

永倉 新八(CV:坪井智浩)

 

まっすぐで一本気があって

でも、どこか抜けていて面倒見のいい新八。

 

ただ「強くなりたい」と脱藩までした

ムードメーカー的な彼とのお話は

 

「いろんな意味で新八」だったように思います。

 

 

  

PR

 

 

 

 

今までは、左之さんのルートで絡む程度で

攻略対象ではなかった新八。

 

今回は、攻略対象に格上げということで

どこか笑いを誘う、ユーモアたっぷりの新八が

どうやって甘くなっていくんだろう?

 

そんな期待を込めて攻略したわけなのですが

「どこまでいっても新八は新八だったな」というのが

攻略後の第1印象でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

あの新八が、急激に甘い言葉を言って

激甘な展開が…♡

 

というのも、ちょっと想像できないのですが

でも、「乙女ゲーム」としては、今一歩物足りないというか…

 

個人的には萌えどころはなかったかな〜と

そんな印象です。

 

どこか友情めいてるような

アッサリと、スッキリと、展開していくところは新八らしいし

 

「とことん落ち込んで、自分と折り合いをつけないと動き出せない」ところは

あるだろうなと思いましたが

 

「守り通す」と言っていたのに…

源さんと、今際の際でも約束していたのにも関わらず

何度か主人公を、放り出そうとしてるところがあって

 

そこは正直、彼らしくないというか…

「しっかりしろよ新八!」と少々頼りなさを感じたのは否めなかったです。

 

「迷いまくっても最後には一本筋の通った男」

彼には、そういう男であり続けて欲しいという

(至極個人的な)願望があっただけに、少々残念でした(´∀`; )

 

ただ、「何コイツ…しょうもない!」と切り捨てずに

「でも、まぁ〜新八だし」と

最後に思わせるのも、彼の人柄のなせる技なのかも?

 

と思わなくもなかった

新八ルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

 攻略はこちら