『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、主に乙女ゲームの感想や攻略を綴っているBLOGです。

【絶対階級学園】総評・階級制度の中で育まれる想い

PR

kengakimi_vita1_01.jpg

Vita【絶対階級学園

 

絶対階級学園 - PS Vita

一途な想いに巻き込まれた物語

 

階級分けされたリングエリア下層地区で父と生活する主人公。

 

ある日、父の失踪とともに残された手紙をつてに

セレブの集まる「櫂宮学園」へ転入します。

 

そこには女王を頂点に

「咲き誇る薔薇」「名もなきミツバチ」「捨て置かれた石ころ」と階級によって

全てが差別された世界が用意されていました。

 

その中で主人公は「恋」に出会い

次第に「学園の真実」へと近づくことに…

 

 

 攻略対象

 

 

以上5名。

 

攻略順は一番好みのキャラからでいいかと思いますが

真相に近いレイは後回しの方が最後までドキドキできるかと思います。

 

 

システム・スチル

 

スチルは差分も含めるとかなり用意されていて

物語を盛り上げてくれます。

 

若干面長であったりするものもありますが

概ね綺麗なスチルだと思います。

 

システム的にも、快適なスキップ機能でさっくりエンド回収もできますし

不便なところはありませんでした。

 

 

ストーリー

 

共通から始まって「石ころルート」と「薔薇ルート」に分かれます。

全員の石ころルートクリアすると「真相ルート」が解放され

真実に向かっていく流れになっています。

攻略制限は真相ルートの「レイ」のみです(詳しくは攻略一覧に記載)

 

 

最後に

 

共通を抜けると、しっかりとバラバラの展開を繰り広げてくれるので 

金太郎飴感もなく飽きもこないですし、

 

癖のある薔薇ルートも

真相につながっていく感有り有りの石ころルートも存分に楽しめました。

 

ただ、真相ルートに若干の金太郎飴感があったのが残念。

1つの真相に向かっていく中で、

いろんなネタバレが各キャラに散りばめられていたり差別化はされているのですが

 

同じような軸で展開されているので

どうしても重なってしまう部分が出てくる…といった感じです。

 

個人的にはそこをスキップできれば

退屈感も軽減されて尚快適に楽しめたかなと思いました。

 

ですが、全体的な感想としては矛盾点や無茶なご都合主義も目立ちませんし

最後までしっかりと楽しめた作品だったと思います。

 

そんなこのゲーム

 

  • 倫理的な部分でゲームだと割り切れる方
  • 障害のある恋が好みの方
  • 癖のある恋愛もそこそこ好きよ♡という方

 

そんな方は一度手に取ってみても良いかと♪

個人的にもオススメの作品の一つです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

絶対階級学園 - PS Vita

絶対階級学園 - PS Vita

 

 

攻略はこちら