『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V】攻略:「陸 至央」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V

f:id:syumiroom1:20170703080954j:plain

 

 

陸 至央(CV:立花慎之介)攻略

 

*埋まらない2枚のスチルは「連」ルートで回収 

 

 

◎……助けてくれて有難うございました

◎……あの夜の話を聞かせてほしい

◎まるで恋心を告げられているみたいだ

◎「み、見惚れてたとか言うの、禁止!」

 

【→共通SAVE:蒼太√へ・連√へ】

 

◎(なんでこんなに、切なくなるの?)

◎(そういえば、さっきほど恐くは感じないかも)

◎「貴方の辛い気持ちはわかるけど……」

◎「ま、まだ考えられないって言ってるじゃん!」

 

【→共通SAVE:守人√へ

  

◎(やっぱりこのまま行くなんて無理だよ!)

 

 

至央ルート

 

【第一章】

 

【→共通SAVE:カゲロウ√へ任史√へ

 

◎敵が合コンに来るはずがないと思っていたから。

◎「……殺したの?」

◎「死んでも言わない」

◎(なんだろう、胸の中がざわざわする)

◎「そんな小鹿ちゃんみたいな女子じゃないんで」 

◎うっかり、嬉しいとか……感じてしまう。

◎(油断できないな……)

◎(そんなに嫌なら、逃げちゃえばいいのに)

◎(今の私は、本当におかしい)

◎(でもこの人も陸の人なんだよね)

◎(この笑顔が、ずっと変わらないといいのに)

◎「本当だとしたら……どうして、今じゃないの?」

 

【第二章】

◎「い、イチャついてないよ!?」

 

【第三章】

◎「……今は力を借りるね」 

 

《SAVE 1》

 

◎「私たちに幸せになる権利がないとも思わない」

 

【第四章】

◎蝶が、無性に羨ましくなった。

 

【第五章】

 

《SAVE 2

 

◎至央の言葉が頭を過った

 

【最終章】

 ◎(選択肢なし)

 

→END「アナタの花」

 

 

 

 

 

END回収

 

《SAVE 2より》

◎(でも今動いたら、任史さんの覚悟を無駄にしてしまう)

 

【最終章】

◎(選択肢なし)

 

→END「一番安らげる場所」

 

 

《SAVE 1より》

◎(……やっぱり間違ってるよね)

 

【第四章】

◎蝶が、哀れになった。

 

【第五章】

◎至央の言葉が頭を過った

 

【最終章】

◎(選択肢なし)

 

→END「そして繰り返す」

 

 

 

 

攻略一覧はこちら