『乙女ゲームも大好きです!』

と言えない小心者が、色々ある「日々の糧」への想いの丈を綴るBLOG

【Dance with Devils】感想・寂しがりやの壊れた堕天使「棗坂 シキ」

★感想-【Dance with Devils】 ★感想
PR

kengakimi_vita1_01.jpg

Vita【Dance with Devils

 

シキ2

まんないよ、ゾクゾクするねぇ

 

棗坂 シキ(CV:平川 大輔)

 

四皇學園の生徒会会計で常にどこか変わった視点と感覚をもつ

天界から魔界へと堕ちた、「壊す」のも「壊される」のも好きな堕天使。

 

 

感想:「アクマらしいエグさ」と「ハラハラ感」が詰まっていました。

 

登場から主人公の負のリアクションに惹かれ寄ってきていた彼は 

「痛いこと」や「虐げられること」「傷つける」のも「傷つけられる」のも好む

危ない感覚の持ち主。

 

「自分の居場所」と「同じ場所に居る」ことを主人公に求めていて

そこからお話が展開されていくわけなのですが、

 

最初から「グリモワール」なんて眼中になくて

「主人公自身」に興味を持っているところから始まっていくストーリーは

全体的に他に比べると異色だったように思います。

 

歪んだ愛が誇張された

アクマルートはとことん壊れたシキがアクマらしく

無邪気に残虐で無慈悲な行動に出てくるし

 

ヒトルートのクライマックスのシキには

最後までハラハラしたし…

 

個人的にはヒトルートのENDに惹かれましたが

アクマルートのシキらしさにも納得はできました。

 

エグいし無茶苦茶なのに攻略後の今、

不思議と嫌悪感だけが残ることがないのは

 

彼の子供のように無邪気に甘える姿(ベットに潜り込むスチルは好き)や

ヒトルートで見せる意外と包容力があるところだとかが

描かれていたからかも?

 

存外魅力的だと感じたシキルートでした。

 

 

 

Dance with Devils 通常版 (特典なし) - PS Vita

Dance with Devils 通常版 (特典なし) - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら