『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【Code:Realize ~創世の姫君~】感想・『泥棒紳士』に持ってかれました



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【Code:Realize ~創世の姫君~

lupin.jpg

心しろ。涙も、笑顔も、全部俺が盗り返してやるよ」

 

アルセーヌ・ルパン(CV:前野智昭)

 

世間を騒がせる大泥棒。

非常に明るく、楽天家にして自信家。

 

そして、その自信を支えるだけの

ずば抜けた行動力と盗みのテクニックを有していて

カルディアを連れ去った張本人であり、

彼もまた自らの目的のためにロンドンへ赴く。

 

 

 

 

 

感想:「ルパン、サイコー!」それに尽きます

 

今までのすべての要素が織り込まれたた上に

その他のサブキャラ達の絡みも解決したルートでした。

 

アルセーヌ・ルパンのプレイ前の第一印象は

クールな感じなのかな〜?と

勝手に想像していたのですが、いざゲームを始めてみると

思いの外軽い印象で拍子抜けしていて

 

1番に攻略したい!という欲求もなかったので

攻略制限がかかってることもさほど苦に思うこともなく

他キャラの攻略を進めていたのですが・・・

 

いざルートに入ってみるとどんどん引き込まれて

男前発言の連続に

『…ルパン♡』と何度うっとりしたことか……♡

 

主人公もルパンには最初から懐いている感じなので

展開も他に比べると甘さがあったのかな〜と感じています。

 

若干のご都合主義的な展開もありましたが

あからさま過ぎないご都合主義は

トキメキ要素を盛り上げてくれるというもので

 

それも含めて

ごっぞりまるまる持って行かれた感のある

ルパンルートでした。

 

 

 

攻略はこちら