『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

PR

【遙かなる時空の中で3 Ultimate】「源九郎義経」攻略&感想


Vita【遙かなる時空の中で3 Ultimate

 

f:id:syumiroom1:20170303183811p:plain

 

 

 

地の青龍「源九郎義経」(CV:関智一)

 

源氏の軍の大将。生真面目だが、口が悪く誤解されやすいタイプ。

女性は危険な戦場に出るべきでないと考えていて

戦場に出ようとする主人公に反発する。

 

攻略ポイント

 

※選択前にクイックセーブをお勧め

(セーブ→「L・△」同時押し/ロード→「L・□」同時押し)

 

*1

◎「正義」「礼節」が高いと仲良くなりやすい

◎「おまけ」の「回想録」後日談にスチルあり。

◎END回収することで「表情集」解放。

 

 

《ルート分岐点&蜜月発生場所メモはこちら↓》

 

 

《絆ルート》

 

 ※九郎と一緒に戦うルートで

 

 

【二章】京都

※「下鴨神社」で朔に舞を習っておく

※「嵐山」イベ前

 

鞍馬に行った後の「神泉苑」

◎面白そうだし、見学していってもいい?

◎そうまで頼まれたら、断れないよね

◎雨が降れば九郎さんが喜ぶだろうし

 

→以降どれでもOK

 

 

【三章】三草山

◎そうですね行きましょう→山ノ口攻撃ルートへ

 

「馬瀬」

※敦盛看病中

 

◎一度京に戻ってゆっくり考えませんか?

◎私もちょっと言い過ぎたかな…

◎忙しいのかな探してみよう

◎九郎さんも間違ってるわけじゃないですよね

 

 

【四章】熊野

※【間章】を開く選択肢

 →怨霊討伐後、将臣と待ち合わせの約束をする

 

 

【間章】吉野

 

「振袖山」

◎気になるな…ついていってみよう

◎私も練習に付き合おう

◎大将としての責任感なのかな?

◎(どれでもOK) 

 

 

【五章】福原

※1周目失敗→「腰越状」入手 

 

「高尾山」

◎(ここからなら裏をかける、そう言ってなかった?)

◎(どれでもOK)

 

「官位を辞退させる」

※絆の関「鴨越成功」を突破

※九郎処刑イベで「腰越状」を持っていること

 

◎そうですよ、私が神様なわけないじゃないですか

◎本当に官位をもらっても大丈夫なのかな?

◎…あの、手紙のこととか聞かないんですか?

 

 

【六章】鎌倉 

「大倉御所」

※呪詛探索中 

 

◎はい、私も行きます

◎何をしたら神子の証になるんでしょうか?

 

「梶原邸」

◎楽しみだな

◎(気になる…私、その人に嫉妬してるの…?)

◎九郎さんらしいと言えば九郎さんらしいのかも…

 

 

【七章】

◎そうだった…?ごめんなさい.

◎足手まといになんてなりません! 

◎敵の指揮官を倒すしかないよ

◎そうですよね!

 

「行宮」

◎そうだ、とにかく会って話さなきゃ

◎私が帰れるように、力になってくれるんですよね

 

 

【八章】

 

→あとは九郎を元気付けながら突き進む

 

 

 

《蜜月ルート》

 

※九郎と一緒に戦うルート 

 

【二章】

※朔に舞を教わる

※「神泉苑」での雨乞いイベント見る

 

「京邸」

◎それなら、夜出かけませんか?

◎きっと、それだけこの桜が綺麗だからですね

 

 

【三章】

※福原攻めルート 

 

 

【四章】

※怨霊は八葉と倒す

 

【五章】

※流れに沿って攻略 

 

 

【六章】

「振袖山」

◎心配だな・・・朔、ごめん 私、戻ってみる

◎それなら、私も一緒に行きます

◎そんなことない!未来はあるよ

 

【七章】

※銀の関は回収しない

 

◎景時の蜜月が貯まってる場合→「九郎たちに相談」

◎太刀を構えて

 

◎死にに行くんじゃないよね 最後まで聞かせて

◎鎌倉へ行くのは賛成、でも、私も一緒だよ

 

【八章】

 

→逆鱗は九郎に渡して

 後は目的を果たすために一緒に戦う

 

 

 

遙かなる時空の中で3 花の名残~月想う歌~

遙かなる時空の中で3 花の名残~月想う歌~

  • アーティスト: オムニバス,石田彰,田久保真見,近藤尚如
  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

感想:一緒に頑張って乗り越えるルート

 

戦うことを本分としてきた九郎と、神子として頑張る望美が

お互いを認め合って、助け合って未来を見ていく感じで

なかなかに熱いやり取りが多くて、喧嘩ばっかりしているメインキャラの王道。

 

素直で一言多い九郎が中々に笑えました。

(特に泰衡あたりと絡んでる時とか楽しかったです)

 

ちょっと無理やり感のある九郎の女性問題も含め

ある意味彼ら「らしい」お話だったと思います

 

*1:ざっくりの攻略ポイントなので、他ルートとの細かな絡み等の確認がしきれていません。「それなり」程度で見ていただけるとありがたいです。 

PR