『徒然綴り』

ゲームや読書、お絵描きを好む超インドア派が書くブログ

【ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart】GS4をやるにあたっての必需品です



ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart 公式ガイド (B's-LOG COLLECTION)

 

ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart 公式ガイド

 

2020年10月28日に発売された「ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart」。

高校3年間で、対象者との恋愛を楽しむ知る人ぞ知るゲームの

公式ガイドブックがどれくらい必要かと言うお話です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Girl's Side 4th Heartとは

 

 

自分を育てつつ、対象者との関係を深めて

3年間の学生ライフを楽しむゲームです。

 

 

こう聞くとありきたりなようですが、

プラトニックを貫きつつ(ここ大事です)

 

イチャイチャしてみたり

喧嘩してみたり

ヤキモチ妬かれてみたり

さらには、自分の名前までも呼んでもらえるという

 

プラトニックだからこそのトキメキが、あちこちに散りばめられていて

(その破壊力ときたら、もう…堪りません。)

 

ダサいとも取れる、彼らの服装、言動すらも

卒業する頃には魅力でしかない状況に陥ってしまう、そんなゲームです。

 

 

強いて欠点をあげるなら、入学式に戻るたびに積み重ねた関係はリセットされ、

なんとも言えない喪失感が繰り返されることでしょうか

 

(それも含めてGSですが)辛いです。

 

 

 

ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart

ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart

  • コナミデジタルエンタテインメント
Amazon

 

 

 

 

公式ガイドが必需品な理由

 

  

前記したように、「育てて深める」という一見単純なように見える内容ですが

 

彼らが魅力的すぎるが故に八方美人になりすぎて陥る状況、

一途にならないと手に入らない時間、

根をつめて作業的にこなさないと、迎えられないひととき 等々

 

 

ただただ無防備にアタックするだけでは手に入らない

彼らとの時間が点在するのもこのゲームの魅力。

 

そしてこれが結構難しい。

(バイトすら邪魔になってしまう対象者がいたりするんですよ)

 

セーブ以外に後戻りすることのできない学生ライフを

最大限に楽しむための必需品、それが「公式ガイド」なのです。

 

 

もちろん「ゲームを楽しむためのもの」なのですが、

これでもかという設定の細やかさが記された内容は、

読み物としても、十分楽しめるものでした。

 

普段あまり、攻略本等を利用しない私ですが、

ゲームをする(している)なら

「あったほうがいい」と言うよりは「手に入れるべき」だと感じた1冊でした。

 

 

 

 

 

【公式サイト】