『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【この愛は、異端。】1部(1〜3巻)完結。王道な展開なのにグッとくる作品

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)

著:森山絵凪

  

あらすじ

 

天涯孤独の少女「淑乃(よしの)」は、親戚に虐げられ生きる気力をなくしていきます。そんなとき古本屋で見つけた本で悪魔「べリアル」を呼び出してしまいます。

 

契約内容は

「ひとつの対価で、ひとつの願い事を叶える」

「淑乃が死ぬまでずっと悪魔と共に過ごす」

というもの。

 

ベリアルの庇護のもと劣悪な環境から救われた淑乃は、至れり尽くせりの過保護のもとで、対価を払いつつそれなりに幸せな日々を送ります。

 

そして、対価が年齢とともに過激になっていくなか、淑乃の気持ちに変化が現れ、悪魔と少女の均衡が崩れていき…

 

 

 

感想

 

なんとなく気になって、なんとなく読みだしたのですが

面白かったです。

 

とても、とてもベタな王道展開なのですが

それがいい感じでした。

 

淑乃に泣かれると、アタフタとしてしまうベリアルとか、日常のあれこれを全てやってしまって、淑乃が何にもできない子になっているのですが、

それを可愛くらしく思っているところとか、

悪魔なのにどこか憎めないキャラ設定が好み。

 

対価がエロティックなことや、絵柄には好みが分かれそうですが、

それも含めて「味」があると思います。

 

ざっくりとまとめると

1巻→2人の関係とすれ違い

2巻→2人の関係の変化

3巻→ベリアル視点の2人の関係

 

が描かれているのですが、1・2巻で小出しにされていたベリアルの心情と真実が、3巻でとてもわかりやすく伝わってきて

1部完結としては綺麗にまとまっていたと思います。

 

4巻からは2部ということで、

今後の展開も楽しみです。

 

 

ベリアル文書

 

「この愛は、異端。」で描かれたストーリーの完全ベリアル視点の物語です。

内容的には、本編読後に読み始めるのが良いかと。 

 

電子書籍にて短話展開されています。