『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【Cendrillon palikA】感想:飄々とした魔法使い「歌紫歌[カシカ]」

NSW【Cendrillion palikA

f:id:syumiroom1:20181105140332p:plain

 

歌紫歌[カシカ]=ガレ(CV:杉山紀彰) 

神出鬼没の謎の魔法使い。主人公の家に住み着いている。

飄々として何を考えているのかよくわからないが、

困っている時はアドバイスをくれる。

 

 

 

 

 

感想

 

攻略制限キャラ。

ということで、ネタバレ全開で感想を綴りたいと思います。

 

 

 

ラスボスです。全てのルートに絡んでいて、全ての根源である彼「カシカ」。

自称魔法使いである彼は、主人公に時計の針を進めるための協力者を

6名の中から選ぶように言います。

 

ですが、

「だったら、言い出しっぺのカシカが協力すれば良いじゃん!」

ということで、カシカを選ぶ主人公。

 

トントン拍子に時計の針を進める2人ですが、

何故か、時計の針を進めるごとに辛そうな顔をしたり、

一人、廃墟のような場所で佇んでいたり、

女性の名を、切なげに呼んだりするカシカを目の当たりにし、

 

主人公は、いつもの飄々とした顔の下に隠された

本当の彼が知りたくなります。

 

そして、その理由を知るべく、

カシカに真っ直ぐに詰め寄りますが、

うまくいきません。

 

カシカはカシカで、自分の中の矛盾に翻弄されながらも、

目的を全うしようとしますが、

主人公の、純粋な愚かしさに触れ、迷いがどんどんと大きくなっていきます。

 

 

そうこうしているうちに(この言葉便利)、

 

  • カシカが200年前の王族であったこと
  • 王の采配の甘さで、じわじわとガラスになってしまう原因不明の流行病で「想い人」を亡くしたこと
  • 全てに絶望し、透京にガラスの呪いをかけた張本人であること
  • 時計を0時に合わせることで、呪いを世界中に広めようとしていること

 

等を知った主人公は、

何としても、カシカの心を救いたいと思いカシカに勝負を挑みます。

「呪いを解くことができたら、私のそばにずっといて!」と。

 

そして、ラストに続くんですけど

なんだろう…

 

なんだか、

ちょっと…

 

カシカチョロくないか!?

 

 

元カノへの気持ちにも、

呪い続けることにも、

疲れていたところの「主人公登場」だったとしても!

 

200年拗らせたものが、

そんなあっさり片付くものなのかな?と思いました。

 

長髪男子も、飄々とした大人キャラも大好物の部類なんですけど

壮大な設定を持ってきた割には、淡々と、且つ説明的に消化されていて

肩透かしを食らった印象。

 

ただ、ラストは幸せそうで良かったです。

御都合主義全開ではありましたが、

ハッピーエンドらしい、ハッピーエンドでした。

 

幸せになれて本当に良かったね、カシカ♡

なENDだったと思います。

 

 

 

Cendrillion palikA - Switch

Cendrillion palikA - Switch

 

 

 

 

 

 

攻略表