『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。




【ピオフィオーレの晩鐘】感想:病んだ面倒臭さが味のアンダーボス「ニコラ」

Vita【ピオフィオーレの晩鐘

f:id:syumiroom1:20180828072440j:plain

ニコラ・フランチェスカ(CV:木村良平) 

 

ファルツォーネファミリーのNO.2。

おおよそマフィアらしく見えない、人の良さそうな風貌の優男。

典型的なイタリア男で、女性慣れしている。

ダンテとは従兄弟同士で、 息をするように嘘をつく。

  

  

 

PR

 

 

 

 

感想:表裏のギャップが魅力

 

ファルツォーネのアンダーボスである、ニコラ。

攫われそうになったところを助けられ、

保護されることで、交流が開始されます。

 

どのルートでも「優男だけれども切れモノのアンダーボス」という設定の彼が

本ルートでどう展開されるのか、

そこそこの予想と、妄想と、期待を込めてのスタートだったのですが

 

ニコラと主人公の恋愛模様の「当て馬キャラ」がいい味出していました。

「え?この人、こんな大役があったの?」と感心するほどに

ガンガン前に出てきていました。

 

そこも含めて、ハッピーエンドも良かったのですが

彼のルートは、断然BADが好みでした。

 

気丈な彼ですが、どこか危うげな雰囲気は持っていたので

BADの展開は想像の範囲内でしたが、

彼にはとても良く似合うので、それもまた良しです。

 

鬼畜キャラ(←ありったけの愛を込めた表現です)の後だったので、

「勢い」の面では少々物足りなさは感じましたし、

主人公の「価値」の部分は大いにスルーされてはいましたが、

 

スチルのアングルも素晴らしく良かったですし、

ニコルらしいルートだったと思います。

 

 

 

ピオフィオーレの晩鐘 - PSVita

ピオフィオーレの晩鐘 - PSVita

 

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略はこちら