『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【殺し屋とストロベリー】総評:いろんな意味で期待を裏切られることはなかった

Vita【殺し屋とストロベリー

実を知っても愛してくれますか?

*1

舞台は現代日本のどこかにある街。

薬で眠らされジュラルミンケースに詰め込まれた主人公「イチゴ」は、

とある場所へと運ばれる。

 

目覚めた先は、一般人が立ち入ることのできない、いわゆる「裏稼業」を営む人々が集まる喫茶店、 『喫茶 月影』だった。

裏社会に存在するというこの店は、客はもちろん、

喫茶店のマスターもウェイターも本業は「殺し屋」だという。

 

身構えるイチゴに店のマスター「ツキミ」は

自分達が引き受けた依頼内容を話し始めた。

 

『今回の依頼は殺しでなくあなたの護衛です。だからここへ運ばれてきた

んです。 一度依頼を受けた以上、私たちは必ずあなたを守ります』

 

過去のトラウマから言葉を失い、身寄りもなく行く宛てもないイチゴは、

半信半疑のまま、アルバイトのウェイトレスとして喫茶 月影で働き始める

ことになる。

 

いったい誰が私を狙っているのか?そして、私を守るよう殺し屋に依頼し

たのは誰なのか? 私は……これからどうなってしまうのか?

 

「殺し屋」に「運び屋」に「武器商人」、様々な裏社会の人々と関わりな

がら、 二重三重に張り巡らされた謎を解き明かし、封じられた真実を追う

物語。

 

 

 

PR

 

 

 

 

攻略対象

 

 

 

以上、6名。

 

攻略順はノインは制限があるので

「イズナ→ツキミ→長谷川→アモン→クラマ→ノイン」

内容、ネタバレを考慮して、上記あたりが良いかもしれません。

 

 

スチル・システム

 

システム面はロードの長さ、変なタイムラグがあります。

システムエラーでの強制終了、フリーズも。

選択肢スキップや、シーンバック、 クイックセーブ等は問題なく働きます。

 

スチルは平均12枚前後で用意されています。

内容に関しては、キャラデザとの質の違いが気になります。

 

あとは、全てとは言いませんが

パースが狂ったものが多かったり、体の動きがおかしいものも見受けられて

ちょっと魅力に欠けました。

 

 

 

PR

 

 

 

 

ストーリー

 

大まかな流れが同じで。キャラによってはストーリーが被っているものもあり。

全体的に平坦な印象を受けました。

(設定と声優の無駄遣い感が否めません。)

 

主人公の無気力感も好き嫌いがでるかも。

 

 

最後に

 

率直な印象は「ブロッコリーさんの作品だったな」でしょうか。

最初の掴みは良かったのですが、攻略を重ねるにつれ

 

各キャラのストーリー設定が活かしきれていないところ、

物語の組み方が詰められてないせいか、

真相に行くまでに、真相のネタバレがほぼ前出で意外性がないところ。

 

それらが全体的に退屈さを感じさせる上に

展開が終盤までほぼ平坦なので眠気を誘います。

 

途中、とても惹かれる流れがあっても

尻すぼみだったり、ご都合主義に走りすぎていたり、ぶつ切りだったりと

残念感がどうしても出ていたように思います。

 

あと、個人的に不満度が高かったのはスチル。

立ち絵との差もさることながら

ホームページのキャラデザとの格差が…

 

大人の事情等々で、のっぴきならない現状がおありになることと存じますが

違いすぎるのはちょっといただけません。

もう少し、取り組みに丁寧さが欲しかったところです。

 

 

 

そんなこのゲーム

  • ブロッコリーの作品が好きな方
  • 障害設定が好きな方
  • 声優陣に好みの方がいる方
  • ストーリーに重きを置いていない方

 

そんな方は楽しめるかと思います。

 

 

 

殺し屋とストロベリー 通常版 - PSVita

殺し屋とストロベリー 通常版 - PSVita

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略はこちら 

 

 

*1:HPより引用