『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【珠玉の短編】言葉への執着が面白い



【発売日一覧】

https://www.instagram.com/p/BlRrk5cnV0N/

著:山田詠美 

 

 

 

あらすじ

 

山田詠美の11話の短編集。

 

目次

  • サヴァラン夫人
  • 珠玉の短編
  • 箱入り娘
  • 自分教
  • 生鮮てるてる坊主
  • 骨まで愛して・・みた
  • 命の洗濯、屋
  • 螢雪時代
  • 虫やしない
  • 鍵と鍵穴
  • 100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

一癖も二癖もある短編。

どれもがハズレなく楽しめました。

 

山田詠美さんの本は、言葉選びと登場人物が好みでよく読みますが、

この短編集は、それがとてもわかりやすく

表現されていたように思います。

 

どこまでも深く掘り下げた言葉が羅列されるので、

受け取り方によっては少々ひつこさを感じるかもしれませんが

それが楽しく、癖になって、

 

更に、物語の展開が予定調和から意外なものまで

取り揃えられているので、

「どうなるの?」とページをめくる手が進む

そんな作品集でした。

 

あとがきで、山田詠美さん自身もおっしゃっていましたが

「言葉用重箱の隅つつき病」という表現がぴったり。

 

面白い一冊でした。

 

 

珠玉の短編 (講談社文庫)

珠玉の短編 (講談社文庫)