『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。



【KLAP!! ~kind Love And Punish~】総評:意外と楽しめた調教師ライフ

Vita【KLAP!! ~kind Love And Punish~

KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

怪調教アドベンチャーゲーム

 

就活に失敗し続けた主人公に唯一届いた「合格通知」。

そこは未熟な幽魔を一人前にするための訓練学校でした。

 

そこで「教師」ではなく「調教師」として働くことになった主人公と

未熟な幽魔との恋物語。

 

  

 

PR

 

 

 

 

攻略対象キャラ

 

  • 天狗 :美作燈真
  • 雪女 :周防壮介
  • 河童 :駿河明人
  • 吸血鬼:カミル=セッツェリン
  • 猫又 :播磨奏
  • 教師 :出雲紫苑

 

以上、6名。

 

個々のざっくり感想はこちら

 

攻略順は、出雲紫苑(2週目解放)をラストに持ってくるのがいいかな?と

言うくらいで、あとは好きな順番でいように思います。 

 

 

システム・スチル

 

システム面は特に不便は感じませんでした。

が、調教シーン(ミニゲーム)はいるのか?とちょっと思います。

 

スチルは綺麗です。

ただ、ストラバ(他メーカーのゲーム)のキャラに見えるものが

何枚かありました。

 

 

ストーリー

 

文化祭までの共通(といっても、最初の好感度で勝手に分岐されます)を経て

個別ルートに入るのですが

共通部分が若干マンネリになります。

ただ、個別にはいると金太郎感はなくなります。

 

  

 

PR

 

 

 

 

最後に

 

正直、このゲームに内容を求めていませんでした(←酷)。

 

「さっくりやれればいいや」くらいの、

半ば怖いもの見たさでの攻略でしたが、

思いの外内容があってびっくりです。

 

いい意味で裏切られました。

 

ただ、周りのよく練られたゲームと比較してはダメだとは思います。

主人公に社会の常識を求めたり、

攻略対象の恋愛感情のはじまりを明確に求めたり…

 

そんな野暮なことはせずに

 

「逢魔市」(妖怪の統治する市)の

「幽魔」たち基準だもんね!

 

 と、おおらかに構えての攻略がオススメです。

 

そして、細かなことには目を瞑って、

彼らとの恋愛を楽しむと「乙女ゲーム」の甘さを、

程よく体験できるかと思います。

 

こう書くと、なんだか悪口のようですが、

キャラ同士の少しふざけた内容も、ノリも楽しいですし

 

攻略対象たちの個々の生い立ちやら、問題やらは

それなりの丁度良い質量で盛り込まれていて

メリハリもありますし、

個人的にはFDに手を出すほどには気に入っています。

 

そんなこのゲーム

 

  • 過度の期待をせずにこのゲームを手に取れる方
  • 乙女ゲームの「甘さ」を体験したい方
  • キャラ同士の掛け合いを楽しめる方

 

そんな方には楽しめるゲームではないかと思います。

 

 

 本編

KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

 

 FD

KLAP!! ~Kind Love And Punish~ Fun Party - PS Vita

KLAP!! ~Kind Love And Punish~ Fun Party - PS Vita

 

 

 

  

攻略一覧はこちら