『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【吉原彼岸花 久遠の契り】感想:人懐っこい大型犬武士「大月 忍」



【発売日一覧】

Vita【吉原彼岸花 久遠の契り

f:id:syumiroom1:20171013164510j:plain

ー、千早ちゃんだ。今夜も遊びに行っていい? 

 

大月 忍(CV:間島淳司)

*1

吉原に入り浸っている武士。

飄々としていて掴み所がなく軽薄な男で、

「桜華屋」で見かける姿は常に泥酔状態。

また、いろんな遊女達にちょっかいをかけている。

 

 

 

PR

 

 

 

 

感想:「優しさ」が産む悲劇がわかりやすい

 

何をするでもなくフラフラしているのに、羽振もよく

周りを巻き込んで宴を楽しむのに、

遊女に手を出すことのない彼。

 

常に、

可愛い子に声をかけていて

笑顔で

気配りができて…

 

でも、フワッとしているようで頼りになる

そんな忍に、主人公は惹かれていくわけなのですが

仲良くなるにつれ、

彼の内部事情を知ることになって、巻き込まれていきます。

 

そうして展開していく

このルートでは、忍の特性がよく出ていたな〜と思いました。

 

気配りができるのは、

周りをよく見て、手を差し伸べる「優しさ」があるということで

長所なのですが、

 

だからこそ、

「選び取る」ことにためらいが出たり

自分を抑えて周りを優先してしまったり

優しくする相手の優先順位を間違えてしまったり 

「優柔不断」な一面に繋がってしまう短所にもなりうるわけで…

 

そんな「優しさ」と「身分差」をうまく使った展開、ENDでしたし

2人の関係も、すぐにどうこうせずに

2人が選びそうな選択がなされていて、

 

そんなに惹かれるキャラでも無かったのですが(←笑)

ラストには引き込まれていました。

 

個人的に、思いの外楽しめた

「忍」ルートだったと思います。

 

 

 

吉原彼岸花 久遠の契り

吉原彼岸花 久遠の契り

 

 

 

 

攻略一覧はこちら

 

 

*1:HPより引用