『徒然綴り』

趣味 エトセトラ

【悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-】総評:壮大なストーリーを存分に堪能できる点はとても素敵です。ただ根本的な疑問を感じました

Vita【悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

作を上回る壮大な歴史

 

前作【悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-k】のFD(ファンディスク)です。

 

 

【前作感想はこちら】

 

 

 

PR

 

 

 

 

攻略キャラ

 

前作攻略対象

 

  • シュド
  • アタルヴァ
  • ヤジュル
  • ロウ
  • クレイドル・大人
  • クレイドル・子供

 

の、個別のアフターストーリーが楽しめます。

 

それに加え、前作の物語を含めた

全ての始まりから、気の遠くなるような長い長い先の未来までを

ショートストーリーで堪能できます。

 

 

システム・スチル

 

システム面は快適で

特にもっさり感はありませんでした。

 

スチルも、前作に引き続き丁寧かつ綺麗です。

驚くべきは、その数、差分も込みですがとても多いので

そこそこに臨場感を味わえるかと思います。

 

 

ストーリー

 

アフターストーリー以外は

全てショートストーリーで構成されています。

 

それを年表に載せて

前後関係を確認しながら進めていく…といった感じです。

 

 

最後に

 

物語的には良くできていると思います。

前作の穴を埋めるべく、ストーリーが展開されるので、

舞台である「ネオスフィア」だけでなく 

 

  • 「ナノマシン」全盛期の黄金時代
  • 「ナノマシン」が暴走した原因
  •  先人たち視点の物語
  • ハッピーエンド後の彼らとの関係

 

…等々、丁寧に描かれているので

前作の世界観に厚みが出たと感じましたし

 

キャラのブレもなく、

シュドのルートの、主人公の髪の長さ以外に

大きな矛盾を感じることもなく

 

進めることができたと

個人的には思っています。

 

ただ一点。言わせて貰えば

 

 

 

PR

 

 

 

 

『これを【ゲーム】と呼んでいいのか!?』

ということ。

 

始まりから、終わりまで…!

おはようから、おやすみまで…!!

 

選択肢がひとっつも出てこない!!!

ただただ、ストーリーを追っていくのみ…

 

私は「ゲーム」を購入したつもりでしたが

蓋を開けてみれば

決まった物語を読まされるのみ。

 

いや、正直物語は面白いですが、

根本的におかしくないですか?

 

物語を読みたいなら本を読みますし

声優さんの声を楽しみたいならシュチュCDを聞いてる方が楽しめます。

 

何が悲しくて、一切の選択肢を与えられずに

 Vitaのボタンを押し続けなくてはならないのか…

  

正直こういう形をとるなら

「女性向け恋愛アドベンチャーゲーム」と謳わないでいただきたかった。

というのがこのゲームの評価です。

 

中身がいいだけに、本当に本当に残念でした。

 

 というこの作品

 

  • 前作を楽しめた方
  • だただた、物語の空白部分を知りたい方

 

であれば、手に取ってみても良いかと思います。

 

最後否定的な評価にはなっていますが、

物語としては楽しめる内容なので

 

「ゲーム性はない」と納得した上であれば

楽しめると思います。

 

 

 

悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-