『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・最後の新選組局長「相馬 主計」

Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105437j:plain

※多少ネタバレてます

 

 相馬 主計(CV:梶裕貴)

 

真面目で責任感が強くて

主人公を先輩と慕っている彼。

 

そんな彼との物語は

「育てる関係」でした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

新選組との、偶然の出会いから

「自分の思う武士の姿」を、新選組に見出した相馬君は

 

脱藩し、新選組に入隊することになります。

近藤さんの計らいで

局長付きの小姓となった彼は

主人公を「先輩」と呼び、2人の関係は動き出します。

 

「主人公を守ること」

 

と、局長に言われ、

主人公の秘密を知ることになるわけですが

 

同時に、伊藤甲子太郎の実弟「三木三郎」との

確執に繋がっていきます。

 

剣の腕も、人間的にも未熟なところの多い彼が

「主人公を守る」と言う命令を胸に

 

焦りやジレンマを抱えながら

ストーリーは展開していくわけなのですが

 

だんだんと、彼が成長をしていく様は

良かったと思います。

 

 

  

PR

 

 

 

 

初期の、甘ちゃん思考の相馬君は本当に

「叩っ切るぞ!」と正直

心のうちで思うことが、何度かありましたが

 

主人公に支えられ

現実を見て、

自分を見つめ直し、変わろうと努力する様は

悪くなかったと思います。

 

最後の方には色気も出てきだして

ちょっと「おぉ〜」と思いました(笑)

 

ただ、それ以上に

彼のストーリーの中で展開される

 

土方さん、野村君に涙腺を刺激され

伊庭ちゃんの、本ルートでは見られなかった可愛らしい所が

個人的には大ヒットでした。

 

いや。ほんと可愛かったです伊庭ちゃん♡( ´ ▽ ` )

 

そして、三木三郎にも

幸せになってほしいなぁ〜と思った

 

相馬ルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

 攻略はこちら