『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~華の章~】感想・優しいエリート幼馴染「伊庭 八郎」



Vita【薄桜鬼 真改 華ノ章

f:id:syumiroom1:20180214105424j:plain

 

※ラストシーンのネタバレあり

 

伊庭 八郎(CV:宮野真守)

 

幕臣の奥詰めを務める

甘い顔と声の優しい幼馴染。

 

幼い頃から主人公を守りたいと

常々思っている彼とのお話は

「やっぱり甘かった」です。

 

 

  

PR

 

 

 

 

偶然、助けられる事で出会った彼。

主人公は忘れていましたが、幼馴染だとわかります。

 

それと同時に

新撰組隊士である「武田観柳斎」との因縁が始まり

物語は進んでいくわけなのですが

 

ほんと、どこまで行っても

彼は「品の良いイケメン」でした。

マモの声も相まって甘いですしね〜♡

 

そして、それに比例して武田さんがゲスいです(笑)

途中、無意識に眉をひそめる程度には…ゲスε-(´∀`; )

 

勝手なやつだとは、重々承知してましたが

いや〜最低だった←

その分引き立ちましたけどね〜伊庭ちゃんが。

 

 

  

PR

 

 

 

 

ただ、よくわからなかったのが

ラストのシーン…

 

武田さんに囚われて、盾にされた時に

「私ごと切って!」(っぽいセリフ)で行われた

あのシーン。

 

あれって、当たってないですよね?

「力が通り過ぎた」的な表現はあったけど

スチル的に怪我はしてないっぽいし…

 

なんで眠ってたの??

しかも、結構長期的な感じでしたよね?

 

必要なものだけを切り捨てた的な…アレですか?

そのさいに、強い鬼の力に当てられて的な?

 

「ん〜???」と思ってる間に

超短い終章で、スゴイ尻切れトンボな印象が残りました。

 

あれは短すぎでしょう…( ;´Д`)

せっかくのエンドロールまでの

トラマティックな演出が勿体無い…

 

途中良かっただけに

最後の最後での、拍子抜け感が否めなかった(; ̄ェ ̄)

 

いや。面白かったんですけどね

でも、もう少し丁寧に終わってほしかった〜と感じた

伊庭ちゃんでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

 攻略はこちら