『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【薄桜鬼 真改~風の章~】総評:12名の攻略対象の共通から個別への序章…



Vita【薄桜鬼 真改 風ノ章】 

 

薄桜鬼 真改 風ノ章 - PS Vita

々の信念への序章——

幕末、父を探すために京に来た1人の少女と

武士道をひた走った男たちの物語です。

 

基本の薄桜鬼に随想録(FD)や

主人公と出会う前の新撰組を描いた黎明録も絡んでいて

いろいろと加筆もされた内容になったものの前半です。

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略対象

 

既存の

 

  • 土方歳三
  • 沖田総司
  • 斎藤一
  • 藤堂平助
  • 原田左之助
  • 風間千景

 

 

の6名に加え

 

  • 山南啓介
  • 永倉新八
  • 山崎烝
  • 相馬主計
  • 伊庭八郎
  • 坂本龍馬

 

以上12名です。

(個々の感想は華を終えてからUP予定)

 

攻略順は好みでいいかな?と思います( ^ω^ )

 

 

  

PR

 

 

 

 

システム面・ストーリー・スチル

 

この「風の章」

オールキャラ共通1〜4章、

個別5章で成り立っています。

 

内容の大半は共通なので、金太郎な部分はもちろんありますが

個々のストーリーにあった内容で変化もあるので

「全てスキップ」で済んでしまうことはありませんでした。

 

(それでも共通を主体に構成されてるので

 攻略を進めるにつれスキップ部分は増えてはいきます。)

 

ENDは3種類あって回収は行軍録から回収できるので

細くSAVEを取る必要はありませんが

攻略キャラが増えた分

分岐の選択肢は複雑になっていたように思いました。

 

スチルはキャラによってまちまちですが

9枚以上は用意されていて

絵師さんが変わったとはいえ、綺麗だと思います。

ただ、構図はちょっと単調かな?…と感じる部分はありました。

 

 

  

PR

 

 

 

 

最後に

 

風の章一番の特徴としては

恋愛要素が、おおいに入ってくる手前で終わるので

 

ただでさえ、糖度控えめな薄桜鬼の

さらに糖度控えめな部分が、クローズアップされております。

 

「華の章」と対での売り出しということで

大体の予想はしてましたが

めちゃくちゃお預け状態ですね〜この区切り方(笑)

 

この先が有るのはわかっていても

山場がないので、若干だれてしまうところがありましたε-(´∀`; )

 

間隔をあけて発売するなら、

お話を「横にぶつ切り」にするよりは

 

ソフトによってキャラを分けて

ラストまでしっかりと攻略できた方が

物足りなさを感じなくて良かったかと…

 

初めて「薄桜鬼」を攻略する人には

ちょっと「?」と感じるかも…?と思わなくもないです。

 

これなら最初から2本セットで売り出してくれた方が

肩透かしのようなこともなく

 

じっくりと世界観に浸れて「薄桜鬼」を満喫できる気が…

 

 

……と、売り出し方法はさておき…←

 

内容の方は、先にも書きましたが

既存の内容に随想録が挟まれていたり

 

前回は、はしょられていた部分が細く描写されていたり

京にいた4年間が、より分かりよくなっていたと思います。

 

既存の5名に負けず劣らず、新キャラの魅力もあるので

ぶつ切りとはいえ先行きが気になるキャラもそこそこあって

 

とりあえず、「華早よ〜」という気持ちを持て余しつつ

情報誌をめくって妄想を膨らましている状態です。

 

 

…華の章に続く。

 

 

 

 

【これから薄桜鬼真改をされる方へ】

 

2本同時に購入するか、ツインパックが出るのでそれを購入して

攻略することをお勧めします。

 

量てきには多くなりますが

じっくりと世界観を感じて、

 

キャラの良さを実感するには

単品で間隔をあけるよりは続けて攻略した方が絶対楽しめる!

 

と個人的には思います( ^ω^ )

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略一覧はこちら

 

*風の章* 

*華の章* 

 

 

華の章感想はこちら