『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。



【金色のコルダ4】感想「如月 律/水嶋 新/火積 司郎」

Vita【金色のコルダ4

f:id:syumiroom1:20180214142138j:plain

f:id:syumiroom1:20180214141541j:plain

f:id:syumiroom1:20180214141535j:plain

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

如月律(CV:小西克幸)

 

f:id:syumiroom1:20180214142138j:plain

このジルベスターコンサートが、新しい伝説になる
 

如月響也の兄。

部員たちに尊敬されている、オーケストラ部の元部長。

 

腕を負傷して、プロのヴァイオリニストになれなくなったけれど

音楽バカは変わらず健在。

 

前作の時もそうなんですが、

「物悲しい」雰囲気があるんですよね〜律って。

 

生真面目で、考え方がストイックなんですが

だからこそ、余白のない感じがあるというか、

 

思いつめてそうで、危うくて…

今回もそんな律が目白押し。

 

主人公との掛け合いで、ガズ抜きしたり

現状が改善されていく状況に、とてもホッとしました。

 

まぁ、余白がないゆえの面白さも表現されてるので

(冗談が通じない律には笑わせていただきました)

バランスは取れてると思いますが…

 

何はともあれ今回、彼に驚かされたのは

日々、悶々としてることの多い彼が

(↑あくまで私のイメージ)

 

「主人公を独り占めにしたい」と思う気持ちを

珍しく表に出してきたのには、萌えました。

 

響也とは違った

「幼馴染み」の恋を堪能できたと思います。

 

 

  

PR

 

 

 

 

水嶋新(CV:岸尾だいすけ)

 

f:id:syumiroom1:20180214141541j:plain

ハロウィンに文化祭にクリスマス!これはもう、恋の始まる予感しかないでしょ〜★
 

至誠館高校吹奏楽部、

ムードメーカーの1年生で水嶋悠人の親戚。

 

自分の見せ方を知っている「ラッキーボーイ」の彼、

主人公には「明るく甘え上手でカワイイ年下」を装ってる節あり。

 

計算高さが、見え隠れする新は

今回も軽〜いノリと、会話で主人公に寄ってきますが

絆されるのが、幾分早かったような気がしました。

 

子供っぽいところと、妙に大人びたところのある新に

翻弄されたり、翻弄したりしながらの攻略だったのですが

 

想い状態での「告白失敗」場面では

「新、最低だな〜こいつ」と思わなくもなかったです(笑)

 

でも、そんなところも含めて

全体的に新らしいルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

火積司郎(CV:森田成一)

 

f:id:syumiroom1:20180214141535j:plain

俺には…コンサートを楽しむ資格なんてねぇ……

 

至誠館高校吹奏楽部の新部長。

無口で不器用、誠実だが外見や雰囲気も相まって誤解されやすい。

 

部員が、わずか3人になってしまった

吹奏楽部の再建の為邁進中。

 

基本、男前な優しさがあって

気遣いができる彼は、トランペットが大好きで

練習もトレーニングも、欠かさずやっています。

 

そして、過去に吹奏楽部を壊してしまった事を

ずっと気にしています。

(それも周りの誤解からでしたけど)

 

今回は、壊してしまった吹奏楽部の再建の為に

主人公と、色々模索する中で交流をしていくわけなのですが

 

ほんと、カワイイんですよね〜火積司郎ってやつは(笑)

なんとも思ってない女子には普通でも

 

主人公に対する態度が微笑ましい!

そして笑った!

 

かる〜いヤキモチエピソードとかがあったりして

楽しかったです。

 

攻略も、前半コンサート開催必須のものはあっても

手の込んだイベントもなかったので、回収しやすかったぶん

物語を楽しめました。

 

欲を言えば、お父さんも出てきてほしかった…と思った

火積ルートでした。

 

 

 

金色のコルダ4 - PS Vita

金色のコルダ4 - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら