『徒然綴り』

ゲームや読書を好む超インドア派が書くブログ

【金色のコルダ4】感想「土岐 蓬生/天宮 静」



Vita【金色のコルダ4

f:id:syumiroom1:20180214141548j:plain

f:id:syumiroom1:20180214141600j:plain

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

土岐蓬生(CV:石川英郎)

 

f:id:syumiroom1:20180214141548j:plain

そんなに頑張らんでもええんと違う?ゆっくり俺とひと寝入りしよ…?

 

体が弱くて、1年留年してるので実際は19歳。

コルダ3からの、継続攻略キャラとしては

唯一の車免許保持者です。

 

気だるくて、甘くて、色気を振りまく蓬生ですが

どこか、諦めてる雰囲気があるのは

幼い頃、死と隣り合わせだったことから来ているのですが

 

今回は、そういったところは描かれることなく

色気たっぷりの手練手管で、

のらりくらりと楽しんでる蓬生が

 

可愛い純真な主人公に惹かれて、

本気になっていく様が中心のストーリーでした。

 

キャラ被り的な大地との、

主人公取り合いの掛け合いは今回も健在で

 

その辺がしっかり組み込まれていた点は

私的には嬉しかったです。

 

でも、ストーリー回収が難しかった〜

やっとやっとのコンプでした(今の所全体的にそうですけど…)。

 

コンプして思ったのは、

やっぱり蓬生は、こちらから思ってる状態より、

彼に想われてる方が心地よい…ということでしょうか(笑)

 

すり寄ってくる感じがなんとも

萌えます♡

 

石川さんの、まったりした京都弁も相まって

何度も聞いたセリフでも全部聴きたくなる…

 

そんな魅力がある蓬生ルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

雨宮静(CV:宮野真守)

 

f:id:syumiroom1:20180214141600j:plain

たとえ恋人同士だとしても想いが等量とは限らない…面白いね、人間は

 

幼い頃にアレクセイに、

音楽の才能を買われて拾われた天宮。

 

技術は一流だけど、感情の起伏が乏しいが為に

人に伝わる音楽を表現できずにいた彼が

 

「人間らしい感情」=「恋」的な発想で

恋人役を主人公に持ちかけたことから始まっていた

「3」や「feat.天音学園」だったのですが

 

今回は、恋について考える彼と

合奏団の練習を通して、

恋をしていく感じになっていました。

 

そして今回も、

笑顔で、何の悪気もなく「暴言」を吐いてみたり

すこし(いや、かなり?)ずれた視点で、

行動や発言をしてみたり

 

天宮らしい要素は、遺憾無く発揮されていて

攻略しながら幾度となく笑わせられたり、 

「幸せ」の感情を知っていく彼に絆されたり…

 

3ヶ月があっという間に過ぎていくと感じられるほどに

楽しかったです。

 

もっと先の2人が見てみたいな〜と思った

天宮ルートでした。

 

 

 

金色のコルダ4 - PS Vita

金色のコルダ4 - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら