『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【金色のコルダ4】感想「冥加 零士/榊 大地」



【発売日一覧】 にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

Vita【金色のコルダ4】 

f:id:syumiroom1:20180214141557j:plain

f:id:syumiroom1:20180214141733j:plain

 

 

 

  

PR

 

 

 

 

冥加玲士(CV:日野聡)

 

f:id:syumiroom1:20180214141557j:plain

貴様は俺にとって、すでに清算された過去にすぎん

 

幼少の時に、主人公に言われた一言から、

主人公を排除することだけを心に

過ごしてきていた冥加。

 

夏のコンクールで、そのわだかまりが消えて

合奏団をきっかけに、交流を持つようになるのですが

 

根っからの王様気質で、実際実力も権力もある彼が

主人公一人に心を乱されたり、行動を狂わされたりして

振り回される様は

ホントーーーーーーーにツボ!!

 

何だろう、なんとも言えない、「萌え」があります。

 

今回も、神話チックなスチルで表される

2人の関係は健在で

 

「主人公の音楽に支配されてる冥加」が

よく表されてると思いました。

 

意外と、幼い部分も見え隠れしていて

笑いもあったり

 

小さい時から、ずっとずっと

心の中にいる主人公に向ける「想い」に

「名前」がついていく過程が楽しかった冥加ルートでした。

 

 

  

PR

 

 

 

 

榊大地(CV:内田夕夜)

 

f:id:syumiroom1:20180214141733j:plain

残念だな。受験生でさえなけりゃ、君の合奏団に参加するのに

 

軽薄で飄々と、何でもこなしてしまうように見える大地。

今回も軽薄さは健在でした。

(それでこそ大地なんですけれど(笑))

 

愛想を振りまく大地にヤキモキして、

大地の言葉に「真実味」が見いだせない主人公と

 

飄々と何でもできて

高校生らしからぬ言動の目立つ大地。

 

そんな二人の、高校生らしいやり取りが

今回は観れたような気がします。

 

どんな小さな変化にも気づいて、

耳障りのいい言葉をくれる大地の、本当の部分が見えるというか…

 

そんな感じなのですが、

個人的にはもう少し

泥臭い大地が見たかったなぁ〜というのが正直なところです。

 

王道の「女性に優しい王子様キャラ」は

嫌いではないのですが

やっぱりちょっと、ギャップ不足な感じが否めない大地でした。

 

 

 

金色のコルダ4 - PS Vita

金色のコルダ4 - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら