『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。


【大正メビウスライン Vitable】感想・強くて脆い軍人「館林開」

Vita【大正メビウスライン Vitable】

f:id:syumiroom1:20180208103254j:plain

かった時こそ、お前は無事ではいられない。だから忘れろ、いいな。

 

館林 開(CV:日野 聡)

 

天司さま直属の遊軍の隊長を務める真面目で心根の優しい軍人。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想:折り目正しいが故の葛藤がいい

 

館林との出会いは時雨との出会いと同じ時。

巻き込まれる主人公を思いやる行動が見られたことで死霊を使役する軍が

何を考えてるかきちんと見極めたいと交流が増えていきます。

 

交流の中で館林が抱える優しいからこそ感じる憂いや、自責の念だとか

真面目さが引き起こす矛盾への葛藤が見えて

 

そんなもので消耗されている素の館林へ寄り添いたいと想うようになる

主人公なのですが、大人である上に軍人ということで理性の強い館林相手、

じれったい感じなのかな〜?と思いきや

 

なんのことはなく、このルートでは主人公が妙に献身的で盲目的で積極的でした。

 

そして、懐く双子がかわいい!


徐々に主人公にも心を開いていく馨&薫なんですが

だんだんと仲良くなっていく過程が描かれてるだけにその後の展開は辛かった(/ _ ; )

 

薫(かおる)はよく頑張った!

馨(かほる)もよく乗り越えた!

主人公もよくやりきった!

 

そんな気持ちでいっぱいになりました。

だいたいにおいて明るい性格でハシャグキャラではないし

思い悩むところもある館林なのでBADENDの展開には

妙に納得してしまうものがあったり して

 

全体的にしっとりした感じとでもいいましょうか…

そんな館林ルートでした。

 

 

 

 

攻略はこちら