『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【十三支演義~偃月三国伝~1・2】感想・2『張飛』



Vita【十三支演義 偃月三国伝1・2

f:id:syumiroom1:20170712114214p:plain

 

張飛ーチョウヒー CV:岡本信彦

 

今回もラストは張飛(笑)

 

今まで、猫族を支えていたおじさんに『これからはお前がまとめろ』と言われ

プレッシャーを感じながらも、その責任を果たそうとします。

 

 

  

PR

 

 

 

 

もともと、みんなをまとめ、引っ張る魅力がある張飛に

頼り甲斐も加わっていくなか

人間同士の啀み合いに巻き込まれ…

 

といった感じで進んでいきますが

「1」と違って「2」のほうが、落ち着きがあって

個人的には受け入れやすくなっていました。

 

そして、張飛の器のでかさが垣間見える内容で

自然と的立ち位置から、

頼れる男になっていく過程が

そこそこに、表現されていたと思います。

 

どちらかというと、主人公の印象が幼くなってますが

張飛とのバランスを取る意味では

ちょうど良い感じなのかな?と言った感じでした。

 

同じところに立って

一緒に頑張って、考えていく2人の良さがよく現れていて

追加エピソードも可愛らしかった、張飛ルートでした。

 

 

 

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

 

 

 

感想はこちら

 

 

 

 

攻略はこちら