『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【十三支演義~偃月三国伝~1・2】感想・2『夏侯惇』



【発売日一覧】

Vita【十三支演義 偃月三国伝1・2

f:id:syumiroom1:20180207153818p:plain

夏侯惇ーカコウトンー(CV:鈴木達央)

 

今回も「夏侯惇&夏侯淵」に睨みをきかされ

罵られつつ開始した夏侯惇ルート。

 

でも、夏侯惇が可愛いことも、夏侯淵が純粋なことも知ってるので

甘んじてそれを受けられました(笑)

 

 

  

PR

 

 

 

 

今回、夏侯惇の目から光を奪うことによって

夏侯淵には更に目の敵にされ、

 

夏侯惇は、『負けた証である傷』という現実を悔しく思い

主人公に勝負を挑むために執着しだします。

 

そんな中、主人公は、

曹操軍に捕まり捕虜になるのですが

 

夏侯惇たちが攻め落とした、荊州を平定するために

周りの村に赴く際に一緒に連れて行かれます。

 

そこで、逃げた荊州の兵に奇襲を食らって

夏侯淵は瀕死、夏侯惇も怪我を負い捕まります。

 

使い道のない夏侯淵は、そのまま放置されるところでしたが

主人公の願いにより、手当てをすることが許され

夏侯惇はそれをそばで見ることになります。

 

戦場以外での、主人公の素顔を見る機会ができた夏侯惇は

主人公が『十三支の女』ではなく『普通の女子』に見えてきて…

と言った感じで物語は展開されていくわけなのですが、

 
 
頑なだけど、潔い夏侯惇らしく、
自分の間違いを受け入れつつ

本来の優しさが垣間見えてくる過程には

今回も、たっぷりニヤけさせていただきました(笑)

 

あの包容力と、心配性なところ等々もさることながら

今まで、女の人が苦手で、奥手で、照れ屋のはずなのに

 

自分の気持ちを、

まっすぐ言葉にすることには、なんの抵抗もないので

甘い言葉がどんどん出てくる彼は本当に

 

魅力的なキャラです。

 

 

今回は、夏侯淵との絡みも結構あって

彼の純粋さが、

きちんと表現されていたところはとても良かったと思います。

 

夏侯淵の攻略何でできないんだろう〜?

 

彼ら二人に取り合われるエピソードがあれば

なお美味しいのに〜♡

 

と、思えてならない夏侯惇ルートでした( ^ω^ )

 

 

 

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

 

 

 

感想はこちら 

 

 

 

 

攻略はこちら