『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【十三支演義~偃月三国伝~1・2】感想・1『劉備』



【発売日一覧】

Vita【十三支演義 偃月三国伝1・2

f:id:syumiroom1:20180207153618p:plain

 

劉備ーリュウビー(CV:石田彰)

 

猫族の長。 村人達から崇められていて大事にされている。

見た目はまだ子供だが十五歳。

 

だが、十五歳という年齢にあわない口調で話す。

世間のことはわかっていないが、素直で優しく、

動物が大好きな子。

関羽には過保護すぎるくらい大切にされている。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

何故か幼いまま成長が止まってしまっている劉備とのルートは

ネタバレなしで書くには難しいので

これもネタバレありで書きたいと思います。

 

  

劉備の中には、「金眼の呪い」が封印されていて

呪いの影響で成長が止まっています。

 

人の陰の気を吸収して成長する金眼なので

『純粋な心』で成長を止めてる感じです。

 

なので、「良い子の幼い劉備」が前面に出ていますが

主人公が傷つけられるのを目の当たりにすることで

 

『何もできない自分』を嫌がるようになり

力を欲しがる劉備の心は、

金眼によって邪悪な心に染まっていきます。

 

そして、偃月の夜には本来の劉備が現れ主人公に

 

何もできない純粋な劉備 

力を欲しがる邪悪な劉備

偃月の夜の正常な劉備

全て僕だよ

 

と伝えます。

 

これをキーポイントに物語は展開していくのですが

とてもオトメイトさんらしい展開だなと感じました。

 

幼すぎる姿に、「萌え」を感じることはなかったのですが

PSPの初回プレイのとき程、退屈さは感じませんでした。

(がっつり飛ばしてたのもあるのかもですが…)

 

ハッピーエンドの子供の姿での

正常な(精神の)劉備に免疫があったからか

追加エピソードの展開にも納得の劉備ルートでした。

 

 

 

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

十三支演義 偃月三国伝1・2 - PS Vita

 

 

 

 

攻略はこちら