『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【薄桜鬼 鏡花録】感想:俺様頭領「風間千景」とノーマルEND



【発売日一覧】

Vita【薄桜鬼 鏡花録

f:id:syumiroom1:20180214111329j:plain

 

風間 千景(CV:津田健次郎) 

 

薩摩藩に雇われた新選組を狙う謎の剣士。

主人公の事を特別視している。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

津田さんヴォイスの「ちー様」。

悪役登場なのに、

「初」薄桜鬼(PS2)の時に虜にされてから

 

数年ぶりの再会を果せた喜びに浸りつつ

楽しませていただきました。

 

私の(あいまいな)記憶では随想録とゴッチャになってて

「あ〜ここで、あのシーンあったよね?」と思ってたら

 

全然違ったりして、改めて随想録と本編の境目を確認しながらの

ちー様ルートだったのですが

 

やっぱり好き♡

 

「剣が君」の螢しかり、「華ヤカ」の勇様しかり…

ツンデレ好きの私の礎は

今思えば、ちー様だったように思います。

 

自分本位で、意地の悪い事ばっかり言いながらも

好きな子の気持ちの起伏に敏感だったり

素直になった時の可愛らしさというか…ツボです(= ̄ ρ ̄=) 

 

それに、今回はPS2では無かった

画像回想の【想い手結び】が素敵でした。

 

回収した画像をタッチする事で、

その時の事を回想してみたり、色々するのですが

 

ちー様の背中を触ったら

「背中など…ぬるい!俺の腕の中にこい」

という不意打ちをくらいやられました。

 

なんにせよ、色々とツボを刺激されまくりの

ちー様。

 

本編だけじゃ、ちょっとちー様不足を否めない…

随想録もまたやりたい衝動が、

ジワジワと湧いきておりますε-(´∀`; )

 

そして、ノーマルエンドは

ちー様ルートからの分岐になるのですが

新選組みんなに対する思いが切ない。

 

というか、

ある意味BADエンドよりグッとくるんですよね(T ^ T)

 

最後のスチルにあいも変わらず

切なくなったノーマルエンドでした。