『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。

【里見八犬伝 ~村雨丸之記~】総評:シリーズ3作品通して「ロゼ八犬伝」でした



【発売日一覧】

PSP【里見八犬伝~村雨丸之記~

里見八犬伝~村雨丸之記~

刀が応えるは――……、正義か愛か」

 

時は戦乱の世。

     

里見家で武士として仕えていた八犬士達に最大の試練が訪れる。

里見義成の息子、義通の拉致事件を皮切りに

次々と巻き起こる不可解な事件。

 

そして、遂に待ち受ける玉梓との決着のとき……。

 

混沌の渦に呑まれゆく安房を救い出し、

再び平和を取り戻すことが出来るのか。

 

「お別れだね、―――――」 

 

「南総里見八犬伝」をベースにした恋愛アドベンチャーゲーム。

最終幕。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

『八珠之記 』から『浜路姫之記』を経ての

最終章『里見八犬伝 ~村雨丸之記~』だったわけですが、

3作を通じて、いい作品だったのではと思います。

 

1作目で、引き込まれて

2作目で、中だるみ感を多少感じさせられ

3作目で、挽回した感じです。

 

3作目が、恋人始まりだったせいもあって

血なまぐさいところも、もちろんあるんですが

 

そこを、しっかりと支えてくれるキャラが、

早いうちから居るので救われます。

(しかも、べた惚れ状態)

 

キャラの好みは、最初

毛野>道節>現八>小文吾>壮助>大角>親兵衛

(親兵衛は攻略したことなかったので)だったのですが

 

フルコンプしてからは

親兵衛>毛野>道節>現八>小文吾>壮助>大角 

私の中で親兵衛大出世です。

 

 

立花さん(の声)も、大好きなのですけど

今回は、石川さん(の声)に、持って行かれた感があります。

 (あくまで個人的好みでのお話です。)

 

 

  

PR

 

 

 

 

ストーリーの方は、大まかな流れは同じですが

キャラによって、見方が変わっているので金太郎部分はほぼなく、

攻略対象が多い割には、飽きずに楽しめたと思います。

 

中には、辛いENDも多々あるのですが、

そこは『里見八犬伝』を、より盛り上げていたんじゃないかと思います。

 

最後に、このシリーズに関しては、

1作1作バラバラでやるよりは

順番通りに攻略したほうが、より楽しめるかと。

 

回想シーンとして、前回の物語が出てきたりもするので

理解度や、入り込み度に影響するかな?と感じる作品です。

 

 

 

 

 【里見八犬伝シリーズ】

里見八犬伝 八珠之記 (通常版)

里見八犬伝 八珠之記 (通常版)

 
里見八犬伝 ~浜路姫之記~

里見八犬伝 ~浜路姫之記~

 
里見八犬伝~村雨丸之記~

里見八犬伝~村雨丸之記~