『徒然綴り』

気ままに 好き ときどき 毒 を書き留めたもの。


【里見八犬伝 ~村雨丸之記~】感想:『忠』の犬士

PSP【里見八犬伝~村雨丸之記~

f:id:syumiroom1:20180213172041p:plain

 

犬山 道節(CV保志 総一朗)

 

『忠』の珠を持つ犬士。自信家の妖術使い。 

火遁の術を好んで使う。 

協調性がなく、 

自らの志である『打倒・関東管領』のみを貫く。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

協調性皆無な上に、偉そうで、自信家な道節。

それでも、八犬士の『仲間』を

大切にするようになってきていたなか

 

「打倒定正」を貫く上で

主人公との関係を、見直しだしたり

 

「仲間」や「平和」をとるのかどうか

選択を迫られたりと

 

道節の葛藤や、主人公の葛藤が

私には萌えポイントでした。

 

その、葛藤の中で垣間見える

道節の、突っぱね切らない弱い部分や

 

追い詰められないと

素直になれない子供な部分に

「頭をよしよし」してやりたい気持ちになりました。

 

八珠、浜路姫を経て

(私自身が)道節の人柄に、馴染んできて

それなりの、親しみもありますので

 

わがままや、尊大な態度の裏にあるものも

多少、感じることが、出来るようになっていたので

『なにこいつ…』と思うことなく物語を終えた感じです。

 

ただ、甘いシーンに、あまり色気は感じないですね〜。

もともと、甘いタイプでもないから?

荒っぽいVoiceのせい?

 

この点に関しては3作通して

同じ感想の道節です ε-(´∀`; )

 

 

 

 【里見八犬伝シリーズ】

里見八犬伝 八珠之記 (通常版)

里見八犬伝 八珠之記 (通常版)

 
里見八犬伝 ~浜路姫之記~

里見八犬伝 ~浜路姫之記~

 
里見八犬伝~村雨丸之記~

里見八犬伝~村雨丸之記~