『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




f:id:syumiroom1:20171124080928j:plain
【VR】ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~ 全話パック+特典映像


【吉原彼岸花 久遠の契り】感想:どこまでも器用で不器用な楼主「桜華屋 時雨」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【吉原彼岸花 久遠の契り

f:id:syumiroom1:20171020153858j:plain

の妓の客になれるのは、あいにく私が認めた男だけなんですよ

 

桜華屋 時雨(CV:森川智之)

*1

老舗遊郭「桜華屋」の楼主。

仕事柄、いろんな知識に通じている。

仕事や芸事に関しては厳しいが、陰では体調を気遣ってくれる優しい男性。

どこか寂しげな雰囲気を纏っている。

 

 

ネタバレです

 

 

 

PR

 

 

 

 

感想:  ラスボスでした

 

主人公のために身を呈して

左目をなくした「よくできた楼主」。

 

妓楼にきた時から、彼について芸を学んで「お職」になった主人公は

人間的にできた、時雨を慕い、尊敬しています。

 

そこから始まる彼とのストーリーは、

はじめに攻略できる

GOODやBADは序の口です。

 

それなりに、よくまとめられたお話で

すご〜く、ハラハラドキドキ楽しめましたが、

真相を見てしまうと、正直霞みました。

 

時雨の生い立ち…

主人公との出会い…

主人公への想い…

不安定な精神を保とうとする葛藤…

 

ある意味何も持たない時雨が

初めて欲しいと思った「主人公」を、

手に入れたいと思った事から全てが始まって

 

業も闇も深い展開を経ていく中で

ドロドロなんですけど、

それぞれの立場で、それぞれの想いで

わからないながらも進んでいく展開は良かったです。

 

とても複雑な思いも残るのですが、

時雨が、一番人間らしく見えました。

 

真相の展開で進む2つのENDに関しては、

とことん病むか、終焉の中に幸せを見つけるか………と

手放しで幸福感を味わうものではありませんが

 

一番、時雨「らしい」展開だったように思いました。

 

 

 

吉原彼岸花 久遠の契り

吉原彼岸花 久遠の契り

 

 

 

 

攻略一覧はこちら

 

 

*1:HPより引用