『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




f:id:syumiroom1:20171124080928j:plain
【VR】ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~ 全話パック+特典映像


【吉原彼岸花 久遠の契り】感想:全てをかけて追い求める廻船問屋「伊勢屋 総一郎」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【吉原彼岸花 久遠の契り

f:id:syumiroom1:20171020153524j:plain

と一緒にいるときくらい、無理して笑ってほしくないんだ

 

伊勢屋 総一郎(CV:中澤まさとも)

*1

急成長を遂げた廻船問屋の若き主。

常に穏やかな雰囲気を纏っており、誰に対しても優しく接する。

思ったことはストレートに伝える性格。

 

概ねネタバレです

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想: 全てを投げ打つ根性に感服

 

主人公が冒頭に、窮地を救ってもらった彼は「廻船問屋」の若旦那。

2回目の登楼で、

彼が、ずっと心の支えにしていた幼馴染だったと知ります。

 

そして、登楼のたびに羽振りのいい

彼の秘密を知っていくわけなのですが

 

幼少の頃の、主人公との約束を果たそうと、

追って、追って、追い続けて、

そのためだけに、生きてきた彼との1周目はGOODにはいけません。

ただただ、追い詰められて行きます。 

 

それが切ない…

どこまでも追いかけて、やっと手が届いたとき

行き着く先が悲恋…

 

「物悲しい」のですが

でも、それが私には良かった!

 

初っ端にGOODに行けない、もどかしさは有りましたが、

王道の吉原ストーリーといった感じで

ちょっと入り込みました。

 

GOODENDに関しては、

主人公の過去も明らかになっていく「真相」の、

総一郎視点といった感じで

 

時雨贔屓の私としては複雑では有りましたが

ラストの展開は、「何やってんだか…」と思いつつ楽しめました。

 

でもやっぱり、悲恋の方が好みだった総一郎ルートでした。

 

 

 

 

吉原彼岸花 久遠の契り

吉原彼岸花 久遠の契り

 

 

 

 

攻略一覧はこちら

 

 

*1:HPより引用